« 冬のソナタ 第一話<出会い> | トップページ | 土曜の夜・・むふっ »

冬のソナタ 第一話<出会いpart2>

Pdvd_031e

学校からの帰り道

柵の上に登るユジン。よろめくユジンに手を貸そうとするサンヒョク。
「恋人でもないのに 手なんか繋がない」

え?そうなの!? 胸に飛び込めても 手はつなげないの??

図書室(?)

昔の卒業アルバムを見ている美チュンサン~
ああ~素敵だぁ~~うっとり~~~このまま一時停止。爆
写真を持つ手にも、、、ほけぇ~~

Pdvd_002e

キムジヌの講義に出るチュンサン。前へ出て数式を解く。(萌え)
わざとらしくメガネを取り目を細くして驚いている様を表現している教授。爆
チョークを持つ手~~黒板に向かう横顔~~はぁ~しばし思考停止~~

初めてキムジヌと会話をするチュンサン。
父(だと思っている人)との会話に何かを期待し、緊張している様子。。
「チャネ、、ホクシ。。。」(君、、もしかして。。)って言われたとき
「もしかして、息子だって気付いてくれたんじゃ、、」って思ったでしょうか。。
でも続く言葉は「高校生かい?」で、ちょっと落胆顔のチュンサン。
「なんだ、、やっぱり気付かないか。。」

大学廊下
ジヌに呼び止められるチュンサン。ちょっと動揺し目が泳ぐ。
「もしかして、、気付いてくれてたのかも。。?」
緊張の面持ちで振り返る。
「私に用があるんだろ?」
はっとして見上げるチュンサン。
「大学に飛び級したいのか?」
またがっかりのチュンサン。。えーーん!かわいそう~~(T0T)
ジヌ~~!!違うよ~~!まるでお門違いだよ~~~!!プンスコ~~
気を取り直してやっと一言
「違います」
そして続ける。
「想像力と好奇心で人捜しに来ただけです」

「人捜し」という言葉を使ってもきっともうこの人は何も気付かない、、と
わかっていて使ったのか。。それともジヌにわかってほしくて最後の切り札として
この言葉を使ったのか。。ううう、、チュンサン。。(T0T)

「アボジ」

サンヒョクが来てジヌに近づく。父子の会話が始まる。
チュンサンが今この人に対して一番言ってみたい呼び名。
近くにいるのに遠い遠い「父」
当たり前のようにあの人に「アボジ」と呼べるサンヒョク。。
チュンサンは色々な思いをめぐらせそっと退散する。。

Pdvd_009

チュンサンの家

小さな食卓に今日は久々に母と二人で食事。
「僕の父親は?」
「いないわ。死んだのよ。」
行ってしまう母。笑顔も何もない、冷たい空気が流れる食卓。。

一方、サンヒョクの家

明るく綺麗なダイニングに父、母、サンヒョク。
楽しそうな一家団欒。遠目でみているチュンサン。

翌日。

無理矢理バスをとめるユジン。自殺する気か!?爆
最後部座席にチュンサンを見つけるも ワザと目をそらす。でも気になる。
学校のバス停についてもユジンはまだ熟睡している。
気付いたチュンサン。ふっと笑う(萌え~)
降りたチュンサン、バスの外から窓をコンコンする。(やさしい~~~^m^)
気付くユジン。慌てて降りる。校門の外で遅刻者を捕まえているゴリラ。
「ヤッバ~~」顔のユジン。そこへのこのこチュンサン。
ユジン、腕をひっぱり引き止める。
(この時のチュンサンの「おっ」という声に萌え~^^)

ゴリラに気付かれぬようコソコソ道を渡る二人。
(このとき、下りの坂道のせいか、腰の引けてるチュンサンの歩き方に爆~)

で、あの塀。
ユジンさん~その靴の脱ぎ方~!ガニ股って~~ぶぶぶ
塀の上で手を伸ばし「次はあなた」というユジンに ふっと笑うチュンサン(萌え~~)

さっさと塀を越え両手を広げる。
「助け合い」
(むくれて)「てっそ」
「くれ?」

いや~ん!ここは即ダイブでしょう~!?
サンヒョクにだってできるんだからぁ~~!
チュンサンにはもっと大げさにダイブしてホールドでしょう~!?
で、「匂いをかいで、身体の大きさをひしひしと感じ~!」でしょう~!!(変態・爆)
ああ、、夏ならもっと薄着でダイレクトに色々体感できたのに。。。ちっ!
って、、私はただの視聴者でした。。(T0T)

「ヤァ~カンチュンサン~」手まねき。ふっと笑って戻って来る(萌え~)
靴を履かせてあげて(なんしかエロい~爆)再び両手を広げる。
きゃぁ~このお姿を2度も拝めるなんて~~!!!
ダイブよ~ユジン~!!今度こそダイブ&ホールド~!&
ニホヒをかいで髪の毛一本抜いてくるのよ~~!!
そして後生大事に取っておくのだ~~~(やっぱ変態・爆)

Pdvd_013e

よっしゃ~ダイブ~!で~ホールド~~はしないのね。。
でもニホヒは間違いなくかいだわね。髪の毛収集。。も失敗ね。。残念。。

「チョンユジン!」

初めてユジンの名を呼ぶチュンサン。
二人っきりで、抱きついた後に呼ぶなんて。。うふん~^m^

放送室

昼の放送を一人でするユジン。
もし二人でしていたら、その狭い空間に二人っきり!?
いや~~ん!恥ずかしくてお弁当も食べられない~~(それはないな。爆)

屋上で目隠しプレイ中のチュンサン。
長い足、嬉しそうに上がった口角。。なんて素敵なの~!?
顔の重要パーツの鼻から上が隠されていても勝負できる下半顔~!!
もうもう~「教科書とれば鼻血ぶう~~」だわぁ~~

Pdvd_034

ゆっくりと放送室に向かうチュンサン。
はあ~うっとり~~!!歩いてるだけなのに~~~!!クラクラ~~

放送室の扉を開け一歩入ろうとするもまた閉じる。ふっと笑う(激萌え~~!!)
少しづつ顔を動かし(かわええ~~!)そっと開けて覗き込む(片目だけで撃沈~)

ああ、、好きなのね~チュンサン~!ユジンを好きになってしまったのね~!!
マイクを持って歌いだすユジンに目を閉じてウケるチュンサン(ブクブクブク。。。)
目線が一度下がった後、またユジンを見る為に目を上げるその瞬間がドキュン~~!!(うっ!)
チュンサンが見ていた事に気付くユジン。顔が凍り背中を向ける。
また目線をあげるチュンサン(悶絶~~~)
ふっと笑い入って来る。(気絶~)
ブースの外からユジンを見るチュンサン(ひん死~~)
勝手にユジンの絵を見て「へえ~」と感心しながらユジンを見る(溺死~)
「ヤァ!」とユジンに怒鳴られ目線をあげるチュンサン(爆死~)
ボリュームをあげる前に含み笑いをするチュンサン(おだぶつ)
ユジンが出て行った後1人涼しい顔でレコードをフッと吹くチュンサン(チーン)

ああ、、ナンという事でしょう。。。ほんの数分のシーンに
すっかり足腰立たなくなってしまいました。。。

Pdvd_035e_2

|

« 冬のソナタ 第一話<出会い> | トップページ | 土曜の夜・・むふっ »

えんじゅのツッコミ鑑賞記②-チュンサン編」カテゴリの記事

コメント

0時を待ってましたの~~24hours ぎゃははは~~dash

また、また見てきました~~pc
今日はthreethree分までだったです。

数式を説くチュンサン、本気でカシコそう~
またもや、一緒に萌へ~~catface 
でもチャラッチャ♪チャラッチャ♪てー音楽が・・・banana

あと、あと!
学生のなかでグレーのタートル着てる
オーバーリアクションの役者さん!rain

すみません...

あと!(まだ言うか~~)
えんじゅさんの言う「半分は木door(爆爆!)」の
チュンサンのところで、
何回も何回も死んでるえんじゅさんに
悶絶笑死しそうになりました~~typhoon
なんで溺死wave~~!うははは~~溺死~wave
はあdashはあsweat01 面白かった~~spa

もっち子さん0時のタイマーのセット
御苦労さまです(そこかい!)
あと、チュンサン鑑賞記の表紙の(?)のチュンサン~
「何笑い」って言うんでしょうか?ビミョ-な表情で、wheelchairすきです~~full

投稿: でんじゃ | 2008/09/06 01:02

でんじゃさん~denim
どわっははは~clockセット、一苦労よ~sweat01sweat01爆~
うん、あの表紙(?)の顔は高校生じゃないなspakissmarkban

投稿: もち子 | 2008/09/06 07:58

でんじゃさん〜danger
ま、、まっていて下さったのですかsign02
うう、、えんじゅ感激〜〜crying
ありがとうございます〜m(__)m
threethree分まででしたか〜爆
じゃあ、アホにならないと〜smile

投稿: えんじゅ | 2008/09/06 07:58

良いわ~~~happy02円じゅさん、絶好調だわ~~~~heart04

もちこさんのキャプが、自分のマイピクの中かと思ってeyesmile
びっくりくりです~~~~(爆)

後ね~~~ゴリラは、本当はガガーメルって言うアニメのキャラなんです~~~happy01

wavepaperleftrightでした。

投稿: 波左間 | 2008/09/06 09:26

wavepaperleftrightさん~(波左間って打つほうが早いやん~sweat01爆~)
おおsign03同じ写真をキャプされてるのですね~sign02
画像室のガガーメルがゴリラ??sweat01pig

投稿: もち子 | 2008/09/06 11:31

続きはますます絶好調up~えんじゅさ~んheart04

今日はまさかお葬式じゃないでしょうね~爆
溺死waveだけはやめたほうがいいですよ~。

はあぁ、久しぶりにpcの前で思わず吹き出すpigってやつをやってしまいました~。

ジヌとの対面場面の細かい心理描写、さすがでっす。あの、一家団欒restaurantを外で見てるeyeっていうのはちょっとベタでしたが・・・爆

不幸なハンサムと幸せな不細工、あなたがなるならさあどっち?あ、答えなくていいでっす、決まってますから~爆

さて続きはまだかな~?

投稿: marsa | 2008/09/06 11:50

marsaさん~
続きpart3は7日午前0:00です~~shine

投稿: もち子 | 2008/09/06 13:05

あ~~~~heart02heart02sweat01 
カキコしたくてウズウズでしたぁ~~sign05

えんじゅさんboutiquewave
チュンサン鑑賞記twopen~えがったです~upup
何度も爆ってるのに~ チュンサンにメラメラspa

そうそう~
ゴリラに見つからないように、ユジンpigに引っ張られるチュンサン~ かーいいな~catface
ふっ、って笑うチュンサンconfident  あ~~好きだ~~belllovelycrying

そうなの~放送室事件~karaokemusic
ユジンが怒って出て行った後の、1人涼しい顔でレコードを吹くチュンサン~bombsign05
あの時のチュンサンの顔にブクブク~downdown
チーン airplaneimpact 

あ、すみません~ 気を失ってました~catface
もち子さん~ チュンサンのキャプありがとうございました~spa
つづくのストーカーぽいチュンサンに 爆~bell

投稿: もみじ | 2008/09/06 13:15

どははは~~もみじさん~maple
ウズウズしていたのが手に取るように分かります~がはは~~happy02
おかしい~~fullspa

投稿: もち子 | 2008/09/06 15:11

波左間さん〜wavepaperleftright
ガガーメルのご紹介〜ありがとうございました〜confident
随分とお詳しいのですね〜smile
はっ、、まさか、アニメヲタですかっshine

投稿: えんじゅ | 2008/09/06 17:32

marsaさん〜cherryblossom
パート1にもわざわざコメ入れし下さって
ありがとうございます〜confident
吹き出しちゃいましたか。。coldsweats01
あんなに文学的且つ芸術的且つ、、且つな
名作なのにっsign02

あ、ワタスはチュンサン以外なら
幸せな不細工に一票〜pencil

投稿: えんじゅ | 2008/09/06 17:37

もみじさん〜wavemaple
もみじさんもおだぶつになってしまわれたのですね〜smile
共にぶっ倒れるまでマニアックにチュンサンを
掘り下げましょう〜denim

チュンサンにならストーカーされても
いいわぁ〜〜lovely
(ってぜってーありえねえし〜crying
 てか何で上から目線sign02punch爆)

投稿: えんじゅ | 2008/09/06 17:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1055225/23498568

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のソナタ 第一話<出会いpart2>:

« 冬のソナタ 第一話<出会い> | トップページ | 土曜の夜・・むふっ »