« 冬のソナタ 第五話「罠」part4 | トップページ | 出演料、沢山貰って何が悪い!?ブンスコ~ »

冬のソナタ 第六話「忘却」part1

Pdvd_000

「チュンサンガ。。」

振り返り、静かな声で返事をする。

「ウェ。。?」

起き上がるユジン。
チュンサンが近付いて来てユジンのそばに座る。

「チュンサンガ、、
 本当にチュンサンなのね?。。そうなのね。。?」

押さえていたものが爆発するユジン。
チュンサンに抱きつく。

M19

「どうしてなの。。
 忘れた事なかった、、、
 なぜ言ってくれなかったの。。」

涙が溢れ出てくる。
両手でチュンサンの顔をはさむ。

「夢じゃないわよね。。そうよね?」

「会いたかった?」

表情を変えないチュンサン。
泣きながら首をぶんぶんと縦に振るユジン。

「どうして ずっと黙って知らんぷりしてたの?
 会いたかったのに。。」

「チェリンがいる」

「私の事、好きだったでしょう?
 忘れちゃった? もう忘れちゃった?」

「アニ。。」

ユジンの頬に手をはわせるチュンサン。
親指でそっと涙をふく。
静かに顔を近づける。。。
目を閉じて待つユジン。

あと数センチで寸止めのいけずなチュンサン。
フッと意地悪そうに笑い

「失望だな ユジンさん」

M20_2 

『え、、』

すっかりチュンサン星人のユジンは混乱する。

「これが初恋の結末?
 こんなにつまらないとはね」

Pdvd_020_2

立ち上がりユジンを見下ろして言うミニョンさん。

「、、、、、チュンサンガ、、、」

「やめよう。 つまらない」

冷たく言うミニョンさん。
まだ混乱状態のユジン。

「涙も流してみせた。
 絶妙なタイミングで僕に似た人の話もした。
 次はどんな手を?」

(語尾が「甘えんなよ」と聞こえるのは私だけでしょうか?^^;)

「。。。。。イ・ミニョンシ。。?」

「クレヨ。イ・ミニョンイエヨ。
 (舌打ちをして)
 友達の友人に手を出すとは。」

チュンサンじゃなかった事のショックが大きくのしかかるのに
そのうえ誤解をされてしまう。

「。。なんですって?」

Pdvd_029

「まだ続けますか?
 どうしてもと言うなら付き合いますが。
 (ユジンに顔を近付けて)
 オッテヨ?続けます?」

『チュンサンじゃなかった。。からかわれたんだ。。』

ユジンは荷物を持って帰ろうとする。
その腕をつかむミニョンさん。

「望み通りでしょ?」

Pdvd_032_2 

頬を打つユジン。
チュンサンの顔だ。目の前にいるのは
確かにチュンサンと同じ顔なのに。。。
大事なチュンサンへの想いを汚されたような気がしたユジンは
ミニョンさんを睨みつける。

Pdvd_035

その眼差しに何かを感じるミニョンさん。

Pdvd_036

出て行くユジン。

ー外ー

泣きながらユジンが走っている。

Pdvd_041

(うう、、辛いよね~、、
 他でもない、あの顔で言われたら。。
 私も一緒に泣く~~
 うおーんチュンサ~~ン(T0T))

ーミニョンさんの部屋ー

ミニョンさんはミニョンさんで
『ユジンさんがあんな人だったなんて。。』と
ショックを受けている。
でも、あの目はなんだったんだろう、、とも考えているのか。。

Pdvd_044

ー翌朝 マルシアンー

理事室に次長が入ってくる。

「先輩。僕はどんな人間?
 他人を気にするタイプじゃないでしょ?」

「イ・ミニョンといえば氷の男。(ドンちゃまか!?爆)
 関心があるのは石、木、コンクリート」

『そうじゃなくて~』なミニョンさん。

「オッオ~。ホクシ~ニューフェイス?
 気になる女性でも?」

「というより、、」

Pdvd_048   

「なんです?」

自嘲気味に笑って

「失望しまして」

「失望?そりゃ深刻だな。
 期待して裏切られたわけだ」

(おお~!なるほど~!さすがじちょお~!)

「誰です?相手は」

「行きましょう」

Pdvd_054

(ミニョンシ~、、それはジャケットではなく
 コートですが、、、???)

会議室に行く二人。

ユジンが来ていないが会議を始める。
堂々と遅刻してくるユジン。
(おいおい~^^;)

会議が終わりミニョンさんに呼び止められるユジン。

『なんかあったな~?』

と勘づくチョンアさん。
先に退席する。

「昨日は、、」

ミニョンさんが切り出すと
遮るようにユジンが話し始める。

「昨日は
 大変失礼しました。
 酔って別の人と間違えました。」

Pdvd_057_2

目を合わせないユジン。
ミニョンさんは疑っている。

「本当に?」

顔をあげるユジン。

「本当に間違えた?
 酔ってたと言うが、そうは見えなかった。
 それに、そんなに酔う程飲んでないでしょう」

Pdvd_059

「私がワザと酔った振りをしてたと?」

「どうなんです?」

「まさか。。
 私が理事を誘惑したと思っているんですか?」

「今更どうだっていいでしょう」

「待って下さい。
 私、そんな人間じゃありません」

「それじゃあ、なぜあんな事を。。」

黙ってしまうユジン。

(うう、、理事がチュンサン顔だからよ~(T0T))

「なんです?また間違えた?」

Pdvd_061

(うう、、その顔で言わないでぇ~~
 頑張れユジン~~)

「失礼しました。
 仕事には影響させません。それから
 仕事以外では 今後お付き合いしませんので。」

なんとか言い切って会議室を出る。
残されたミニョンさん。ため息をつく。

M21_2 

(戦ってますね~!サンヒョクの言う「チュンサンの亡霊」と~(T-T)
 うう。。。ユジン~~。。
 ミニョンさんはチュンサンじゃないわ~!
 第一、チュンサンだったらチェリンなんてゼッテー相手にしないわよ~!
 ミニョンさんはチェリンを好きになるようなヤツなのよ~!!
 別人よ~!重ねるのは外見だけにしておいて~~~(T0T))
 見ていたいかも~~爆)

                                                                              つづく

|

« 冬のソナタ 第五話「罠」part4 | トップページ | 出演料、沢山貰って何が悪い!?ブンスコ~ »

えんじゅのツッコミ鑑賞記③-キングミニョン編」カテゴリの記事

コメント

ああ~~~ナンもいえねぇ~~~

投稿: 波左間 | 2008/12/02 10:29

あああ、いじわるミニョンさん~
とっても、残酷、、でも、いい、
私なら、続けますかって言われて、続けますと
言ってしまいそう。。。mなのでしょうか、うーぬぬ

最後の、えんじゅssiの心の叫びがツボツボです。
でもねえ、男って、女子の性格見破るの下手だし、
性格悪いほうが好きって人も多いもんねえ、、
心理がよおわからんが、、

ああ、でも、早く、誤解がとけてほじい、、

投稿: 鈴の介 | 2008/12/02 14:00

波左間さん~~
あなたとは違わないんです。

投稿: もち子 | 2008/12/02 14:00

ちゃん~~ブッキンぐぅ~でしたね~
私も「続けて・・はぁ~と」って言うかもです~~どははh~

で~、性格とルックス、どっちをとるか?と
もち吉、もち太、もち次、もち照に聞いたことがありますが
四人とも「ルックス」と言いますた。。。

投稿: もち子 | 2008/12/02 14:05

お~お~ ブログがクリスマス一色で綺麗です~
ミニョンさんに~あんぐり~です~ 爆~
もち子さん~ ついに6話になりましたね~
もうすぐhyororinが登場しますよぉ~ 爆~

さん~
ミニョンさんって、顔がチュンサン似ってだけの嫌なヤツですよね~
まあ、チュンサン似のポイントは非常に高いですけど~
だけど、どうみても卑怯なチェリンと同等だわぁ~
ほんとミニョンさんがだったら、ですよね~ 爆~

で、ミニョンさんってマフラー何本持ってるんだぁ~? 爆~

投稿: もみじ | 2008/12/02 17:13

さ~ん
ブログでいくら飾り立ててもタダですから、いいですね~~むほほ~

そうでしたそうでした
もうすぐ、かの有名な「hyororin]登場ですね~

・・って、ご存知ない方が多いでしょうに。。。
あう~~説明は無理だわ~~口下手だから

このミニョンさんの行動は理解できないと、王子はダダをこねたそうですね~~

投稿: もち子 | 2008/12/02 18:42

波佐間さん~
先越されました~。もち子さんのレスにもやられた~
もうここはミニョンさんは意地悪でもグゥゥと言っておきましょうか~爆

hyororinの説明はさぞかしめんどーだろうとご同情もうしあげます~。どMの人に頼んだらどうかしら~爆

私は最初の時3話から見たので、この時のユジンの気持ちがいまいちわからなかったんだけど、今では逃げ帰るユジンの気持ちを思うとだす~。

寸止めgif、作っていてどうでしたか、もち子さん~。もうマエストロですよね~。

がはは、もち吉さんたちはすべてルックスですか~。さすが九州男児~
「イノセントラブ」の殉也も聖花のルックスに一目惚れ~だったみたいですもんね~。男なんて、男なんて・・・ふん!
あ、私も面食いだった~爆

投稿: marsa | 2008/12/03 00:15

marsaさん~~おはようございます~
昨夜は遅くまで起きてらしたのですね~

冬ソナのこの部分はユジンが可哀想でしたね。。。
終わりに近づくほどチュンサンが可哀想になるんですよね・・

愛群も同じですね~~
時間がある時は見てるのですが、今はシニョンが可哀想なところです。。

marsaさんも面食い、私も面食い、、
王子を好きってだけで、もう全員面食いですよ~~

寸止めGIFですが、作っていて、、心地よかったです~~爆~~

投稿: もち子 | 2008/12/03 07:52

波左間さん〜
ホントにねえ〜
普段女優さんにはキビしいワタスですが
このユジンは本当にもうもうもう、、

投稿: えんじゅ | 2008/12/03 09:46

ちゃん〜
どははは〜続けるのね〜〜どこまで〜
答えによってはどMが発覚〜〜爆

男性心理。。。全く理解できません、、
性格悪い方が好きって。。
はっ、、だからワタス結婚できたんだ。。爆

投稿: えんじゅ | 2008/12/03 09:53

さん〜
悔しいですが「チュンサン似」は
かなりの高ポイントなんですよね〜
根はいい奴なんですけどね〜〜(何様〜爆)
そばにいる女性がチェリンなのがね〜〜

どははは〜なミニョンさんには
も入りましたね〜

まあだったらユジンもチェリンも相手に
しないでしょうが〜

ミニョンさん〜マフラー、いっぱいお持ちですよね〜
高速のSAで100円で買っちゃうくらいですから
安いものを大量に買う主義なのでしょうかぁ〜

投稿: えんじゅ | 2008/12/03 10:02

marsaさん〜
イノセントラヴ〜ビックリしました〜
完全にじゅんやの独りよがり〜
しかも彼の愛って重過ぎ〜〜
昴って、、、バイなのでしょうか。。

投稿: えんじゅ | 2008/12/03 10:06

もち子さん〜
萌え看板もあっさり変えて
いぢわるミニョンさん(X'masバージョン)に〜

どははは〜その潔さが好きです〜

1枚のキャプの後ろにはボツになった100枚のキャプ〜
スゴイ、、スゴイですね〜〜

勿体ないからside hyororinで発表されてはいかがですか〜

投稿: えんじゅ | 2008/12/03 10:11

100枚も毎回、side-hyororinに貼るなら、
死んだ方がマシでっす!!
う~~ん、潔い~~

さん
ワタスに惚れるなよっ

投稿: もち子 | 2008/12/03 11:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬のソナタ 第六話「忘却」part1:

« 冬のソナタ 第五話「罠」part4 | トップページ | 出演料、沢山貰って何が悪い!?ブンスコ~ »