« 冬のソナタ 第五話「罠」part3 | トップページ | 冬のソナタ 第六話「忘却」part1 »

冬のソナタ 第五話「罠」part4

ーホテルのミニョンさんの部屋ー

今日のユジンの事を思い出している。

『本当にチェリンの言うような人なのだろうか。。
 はは、、まさか、、』

自嘲気味に笑うミニョンさん。。

ーマルシアンー

ユジンが忘れていった写真の現像があがってくる。
中身を見るミニョンさん。

Pdvd_001

(え!?それはプライバシーの侵害じゃ。。?^^;)

建物の写真が続いた後、『あれ?」という表情。
次も、、その次も、、写っているのはミニョンさんだ。

Pdvd_002

(おお~!その横向いて笑ってるおさしん~ください~~!!爆)

そう言えば、、と自分にレンズを向けていた事を思い出すミニョンさん。
窓際に立って考えている。

(ユジンさん~!そんなに撮ったの~!?ぎゃははh~
 写真集ができますって~!!爆)

『ユジンは何でも私の真似をするの。好きになる人も同じなのよ』

『好きな人の心が 一番素敵な家でしょう』

混乱するミニョンさん。
次長が入って来て飲みに誘う。

Pdvd_061 

(次長~~ミニョンさんのブロマイドに気付いて~!爆)

ー居酒屋の外ー

すっかりできあがっているチョンアさん。
「おごってあげるからもう一軒行こう」というチョンアさん。

「そんな事言って、僕に払わせたくせに~
 本当におごらせるからな」とスンリョン。

(どはは~元はと言えばユジンとチョンアさんがスキー場に行く事に
 スネたスンリョンをなだめる為に行く事になった飲み会~
 「一杯おごるから」「豪華に頼むよ」の
 やり取りが会ったにもかかわらず、結局はスンリョンのおごりとは~爆
 『まあまあ。。』と肩を叩いてなだめるだけのユジン~
 お前が払えよ~だはは~爆)

ーBarー

Pdvd_004

ミニョンさんとキム次長が飲んでいる。

「妙な事をする女性がいるんです。
 言う事とやる事が全然違う。」

「理事の方が詳しいと思うけど」

(おお~!じちょお~!その辺もっと詳しく~~爆)

「それはきっと、、恋のテクニックでしょ?
 狙われた?」

あきれて笑うミニョンさん。

「彼女がいる」

(ええ~?ミニョンさん~!
 この前チェリンに「離婚する人だっている。婚約くらいなんだ?」って
 言ってたじゃな~い!
 世の中「彼女くらいなんだ?」てなもんよ~爆)

「誰です?理事を困らせる女は」

ニタニタと次長が聞いてくるが黙って飲んでいるミニョンさん。

Pdvd_006 

(そのマフラー&コートは暑苦しいでっす^^;
 じちょおは脱いでるのに~爆)

そこへユジン達が入ってくる。

「何をおごらせるかな。ユジンはビール?」

「コーラ」

「コーラが好きニャン?」(って言ってるように聞こえる~爆)

空いたビール瓶で告白ゲームをしている3人。
ユジンに当たる。

「ずっと聞きたかったんだ。
 本当に10年間ずっとサンヒョクだけなの?
 白状しろよ。初恋の人は別だろ?」

(別よ~チュンサンよ~ミニョンさんそっくりの~
 しかも10年間サンヒョクはキープよ~爆
 本命はチュンサンなのよ~~爆)

「そんな事自分の恋人に聞きなさい」

(ええ~!?スンリョンに彼女がいるんですか!?
 なぜか降り掛かる敗北感。。爆)

しつこく聞いてくるスンリョンにユジンは帰ると言い出す。
どたばた騒いでいるとキム次長が気付く。

Pdvd_007

「あ、ユジンさんだ。声かけるか」

5人で飲む事になる。
「ゲームの続きをやろう」とチョンアさんが言うが
「ユジンの答えがまだだよ」と、まだくいさがるスンリョン。
チョンアさんがうまく濁してミニョンさんに初恋話をフル。
思わぬ展開にドキドキして耳を傾けるユジン。

「覚えてない」

がっかりするユジン。

「本当に?普通初恋の人は忘れないでしょう」とスンリョン。

「今の恋の方が大事でしょう」

Pdvd_010 

(ははは、、チェリンさんね~~。。)

「それよりユジンさんは?」

キム次長の援軍に大喜びのスンリョン。

「飲んじゃえば?コーラでいいから」

助け舟を出すチョンアさん。

「ちゃんとやらなきゃ~。
 飲むのが嫌なら話して。その方が早い」

「やめましょう。思い出が多いんだ」

Pdvd_011

チュンサンと同じ顔の人に他人事のように言われてしまったユジン。
なにか言いたげにミニョンさんを見る。
そしてビールを一気飲みする。
飲んだ後もミニョンさんを見続ける。
ユジンを見ていたミニョンさんだが興味無さげに視線を外す。

Pdvd_016

ミニョンさんとキム次長以外はすっかりへべれけ状態~
チョンアさんを送る為にキム次長も退場。
「ごちそうさまでした」とスンリョンも退場。

(結局チョンアさんはここでもミニョンさんにおごってもらった~爆
 スンリョン~まだ自腹じゃなくてよかったねえ~爆)

ミニョンさんとユジン。二人になる。
なんだかんだ、まだ飲んでいるユジン。
目がすわっている。

「あなたは、、
 一度間違えたら繰り返さない人?それとも、、
 ダメだと思いながら繰り返す人?」

冷たい表情のままのミニョンさん。
ため息をつく。

「なぜ?」

「何となく」

「早とちりはしても
 間違いは繰り返さない」

Pdvd_021_2

(うう~~心地いい声だす~~
 酔っぱらいにはもってこい~~とろ~ん)

「そう、、
 それじゃ、、
 会わないって決心したらその人に会いたくても
 我慢します、、?会いに行く?」

きっぱりと

「会いません」

涙目になるユジン。
ため息をついて

「そうよね、、全然違う、、
 こんなにそっくりなのに。。。」

「なんです?」

「似てるんです。
 私の知ってる人に、、本当にそっくりなの。。」

以前のチェリンの言葉を思い出し『これか、、』と
思っているミニョンさん。

「誰に?」

「初めて、、好きになった人。。」

軽蔑な眼差しのミニョンさん。

Pdvd_027

(うう~~そんな目で見ないで~~(T0T))

「初めて、、好きに、、初めて。。。」

Pdvd_028

(うう、、ユジン~~、、、(T-T))

そのままミニョンさんを見つめる。
ミニョンさん、『その手にはひっかかりません』とばかりに
鼻で笑う。

「行きましょう」

足腰立たないユジンを迷惑そうに連れて出る。

ー外ー

Pdvd_032

「家はどこです?どこですか?」

すっかり酔っぱらいのユジン。
チュンサン星人になる。
ミニョンさんの目を見る。

「好きな色は?」

『はぁ?何言ってんだコイツ!?』なミニョンさん。

「好きな色はね~白でしょ?
 白に決まってる。絶対そうよ。」

『聞いてらんないなぁ~』なミニョンさん。

Pdvd_033

「好きな季節は、、」

またミニョンさんの目を見る。

「冬でしょう、、?
 私も冬が、、一番好きなの。。」   

ーミニョンさん宿泊のホテルー

結局ユジンの家が分からず
自分の部屋に連れて来るしかなかったミニョンさん。
ソファにどさっと寝かせる。

Pdvd_035

(この時の『はぁっ』の声が声が声がぁぁぁ~~~
 あ、寝かせた後の『はぁ、、はぁ、、』も、ぐふふ。。)

自分のマフラーを外すミニョンさん。
おもむろにメガネを外す。(おお~~!!!)
冷蔵庫から水を取り出し、飲む。
おお~!!茶髪チュンサンだぁ~~!!!@0@

隣の部屋から毛布を持って来てかけてあげるミニョンさん。

Pdvd_037

(おお~!ユジンは縦に半分でいいのね~!?ホソイわぁ~爆)

少し目が覚めてくるユジン。
視界がぼやけている。
だれかが缶ビールをあけて飲んでいる。。

『??? 誰。。?』

視点が合う。

チュンサンだ。

びっくりするユジン。

M18

(この時のミニョンさんの声もゴチです~爆)

思わず言ってしまった。。

「チュンサンガ。。。」

しかしミニョンさんは振り返って返事をする。

「ウェ。。?」

『ウソ、、マジで。。!?』

起き上がるユジン。

Pdvd_055

                           ー六話へつづくー

|

« 冬のソナタ 第五話「罠」part3 | トップページ | 冬のソナタ 第六話「忘却」part1 »

えんじゅのツッコミ鑑賞記③-キングミニョン編」カテゴリの記事

コメント

きゃあああ~茶髪チュンサンだ~

おっと番ゲット~えんじゅさん~私もこのの絵文字捜しまくりましたです~爆

この回はつれないミニョンさんで心が痛いですが~、眼鏡はずす場面があるのではずせません~爆

あぶさんも書いてましたが、えんじゅさんの冷静なつっこみが爆爆です~。自分と違った見方が新鮮でオモロ~です~。

もち子さんのgifでご飯が3杯食べられますね~(太るぞ

投稿: marsa | 2008/12/01 11:24

ああ、次回は、わたしのだあい好きな、意地悪
ミニョンさん炸裂ですね、ドキドキ~

ああ、でも、ユジンはちょっぴり可哀相(ちょっぴり
な所に、ちょっとジェラシイが入ってます笑)
でも、ここがあるからこそ、誤解がとけた後、
ミニョンさんは、もうめっちゃくちゃ、ユジンの事
好きやねん(なぜか関西弁)になるわけですなあ、、

で、この鑑賞記のおかげさまで、ユジンの同僚の
名前が覚えられましたです。
カムサハムニダ~♪^^

投稿: 鈴の介 | 2008/12/01 14:32

marsaさん~~貴重な無しミニョンさん
本当に素敵ですね~~
あう~~次回はいよいよ意地悪ミニョンさん登場ですードキドキ~

投稿: もち子 | 2008/12/01 16:11

ちゃんは絶対にどSですね~爆~
耳噛みフェチですから、当然かもぉ~ぶぶぶ~

>でも、ここがあるからこそ、誤解がとけた後、
>ミニョンさんは、もうめっちゃくちゃ、ユジンの事
>好きやねん(なぜか関西弁)

どははは~~何故か関西弁ですが、、よみが深いでおますなぁ~

投稿: もち子 | 2008/12/01 16:15

さん~~
お疲れ様です~~
改めて見直してみると、、ミニョンさん本当にキングでっす
綺麗過ぎるし~~エロ過ぎる~~
世界中の女性を虜にした筈よ~
ああ~次回作もどうぞエロエロホルモン出ずっぱりでお願いしたいもんだす~

投稿: もち子 | 2008/12/01 16:22


>うう~~心地いい声だす~~
>酔っぱらいにはもってこい~~とろ~ん
ううう~~
分かります~
今日は飲んでの声を聞こうかな~

もち子さん~
あう~gif有難うございます~ 
やっぱりチュンサン~~

お~~し~
の普通に喋ってる声だけをside hyororinに貼りますね~
どれでもいいから、飲んで聞いて下さい~

投稿: もみじ | 2008/12/01 17:50

さ~ん
ドレス、似合わないなんて言ってミアネー(初級)
まぁ、、ワタスほどではないけど、、、そこそこ・・爆~~
あ~~ん、茶髪チュンサン~~エロ過ぎる~~

side-hyororin行ってきます~~

投稿: もち子 | 2008/12/01 20:49

marsaさん〜
〜見つけにくい所にありますよね〜

marsaさんとは違った見方ですか
他の皆様はどういう風にご覧になってらっしゃるのか
知りたいです〜
完全にユジン目線だったりするのかな〜

投稿: えんじゅ | 2008/12/02 07:55

ちゃん〜
ふふふ〜〜次回はいよいよどMのちゃん(爆)
待望のどSミニョンさんですねえ〜
なんしかユジンがかわいそうでキビしいツッコミが
入れられませんでしたよ〜

スンリョン〜ワタスも初めて知りました〜どはは〜

投稿: えんじゅ | 2008/12/02 07:59

もち子さん〜
え〜 ちゃんはどSですかぁ〜
たった今「どMのちゃん」って書いちゃいましたよ〜
Sが好きな人はMじゃないの。。?違うのかな。。??

(ってここで書く会話じゃないような〜

ユジンが隠し撮りしたミニョンさんの「二枚目の
おさしん」〜!
そうそう〜それです〜〜
きゃわいいです〜〜〜
今回も萌え萌えジフ&キャプ〜
ありがとうございます〜

看板王子〜エロすぎでサイコーでっす
最初のどアップも捨てがたい〜〜

投稿: えんじゅ | 2008/12/02 08:05

どはははは~~
すっつれいな~
あ~~、そうかも。。 そろびく方が目立つって事か。。
(ぷぷぷ、このドレスで何張り合ってるんでしょうか~爆)

あ、さん~ なぜか呼び捨てになってました~
しかも、絵文字だけ。。。 爆~
すつれいしました~~

投稿: もみじ | 2008/12/02 08:05

さん〜
なにやらお宝がサイドヒョロリンにあるのですか〜
うほほ〜〜ワタスも行って来まっす〜〜

投稿: えんじゅ | 2008/12/02 08:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬のソナタ 第五話「罠」part4:

« 冬のソナタ 第五話「罠」part3 | トップページ | 冬のソナタ 第六話「忘却」part1 »