« 大好きだった切子のペアグラス。。。 | トップページ | メリークリスマスー! »

冬のソナタ 第7話 「冬の嵐」part7

ー翌日 改装予定現場ー

Pdvd_049

ピアノの上にあるメジャーを指でトントンさせながら考え込むミニョンさん。

「悩まなくても ここは予定通り倉庫に。
 なんだか元気ないね。ピアノでも聴く?」

ピアノを弾く次長。

(ユジンよりお上手です~爆)

「先輩。。言いたい事と違う事を
 なぜ つい言うのかな。。」

Pdvd_050

「誰に対して?」

「別に。。」

「答え その1 言う事を忘れた。
 その2 相手に悪いから。
 その3 好きだから。 どれかな?」

ため息をつき黙っているミニョンさん。

「答える気はないわけ?
 その相手ってユジンさん?」

Pdvd_051

(鋭いです~!!)

「下手ですね。簡単そうなのに」

「じゃ 弾いてみたら? 意外と難しいぞ」

「ピアノはダメで。。」

「昔、恋人の前ではうまく弾けたんだ。
 愛の力が働いたんだな。」

「誰かを心から好きになる気持ちって?」

「誰かを心から。。。孤独だろうな」

(おお~じちょお~!深いですねえ~!!知らんけど~爆)

「さっきの答え。『その3』でしょう?」

一瞬次長を見るもだんまりのミニョンさん。

Pdvd_053

(なんしかかわいい。^m^)

うまく弾けない次長。諦める。

「こりゃだめだ。もう行きますか」

図面を片付けだす次長と入れ替わりにピアノを触りだすミニョンさん。

ド~シファ~シド~シレ~レミファ~ミレ~ミレ~。。。

両手を鍵盤にのせる。

レ~ドソ~ドレ~ドミ~

驚く次長。

「ピアノ弾けないって。。」

レミレ~ドシ~ドレ~ド~。。。

自分でもビックリのミニョンさん。

「先輩。。僕って天才かな。。!?」

(いえいえ。次長への愛の力だす~~爆
 ミニョンさん、、次長まで。。。爆)

Pdvd_055

ーチェリンの店の前ー

ヨングクを乗せてサンヒョクの車が到着する。

「ついてこ~い」

チェリンもチンスクを乗せて追いかける。

ースキー場ー

Pdvd_056

ミニョンさんとユジンはゴンドラに乗って
頂上のロッジの下見に向かう。

2人っきりで乗るゴンドラ。
どんどん登って行く。
外を見る振りをしてユジンをチラ見るミニョンさん。


視線に気付きミニョンさんを見るユジン。
目が合うとスッと外すミニョンさん。

(『ふっ、、完全に堕ちたわねミニョンシ~』と思っているユジン。爆)

ユジンも再び外を見る。
するとまたユジンを見るミニョンさん。
目を合わせるユジン。
今度はにっこり笑うミニョンさん。
ユジンも笑う。
お互い照れて下を向く。

M37

(ああ。。放送室でユジンをエロい視線で見ていた
 チュンサンを思い出しますね~~!!
 大人のミニョンさんよりエロエロだったのはなじぇ~?爆)

ゴンドラから降りるミニョンさん。
当然似ように手を差し出す。
それを何の躊躇もなく当たり前のようにつかまるユジン。

Pdvd_065

(もう勝手にやってて~~爆)

あちこち見回ってて一応仕事っぽい事はしている2人。爆
とあるフロアに来る。
思わぬ段差に膝かっくんのミニョンさん。爆

「このフロアですが。。
 ここをもっと雰囲気のある空間に改装したい。」

「それじゃ、色調もアイボリーではなく
 白に変えたらいいと思いますよ。」

(え?そうなの?白の方がパキッとしそうな感じが。。)

振り返るミニョンさん。

「アァ~マッタァ~!」

(なにが「また」~?)

Pdvd_102

「ユジンシの好きな色は白でしたよね?
 好きな季節は冬。
 好きな食べ物は?」

(チェリンの言葉を鵜呑みにして
 相当ユジンを警戒していた時に聞いた言葉なのに
 よく覚えてましたね~!爆)

「あなたよ~!!!」(←言ってません。爆)

怪訝そうな顔のユジン。

「なぜです?」

Pdvd_104

笑顔で答えるミニョンさん。

「クニャ~ン。覚えておきたくて」

キメ目線もバッチリ送る。

Pdvd_103

ハッとするユジン。
昔、初雪デートの時自分の足跡を踏むチュンサンと
同じことを言ったミニョンさんにドキドキする。

すっかり日も暮れ、麓に戻るはずが
強風でゴンドラが止まってしまう。

連絡をとるミニョンさん。電話を切る。

Pdvd_106

「なんて?」

「強風で運転停止だそうです」

『ええ~?そんなぁ~~』な顔をするユジン。

Pdvd_108

(しかし、内心ガッツポーズ!爆)

大きくため息をつくミニョンさん。

Pdvd_110

(ぐふふ~~!チャンスね~!!)

暖炉に火をつけるミニョンさん。

(ん?電気も通ってないの?)

窓際に立ち外を見ているユジン。

「僕と一緒は嫌?」

振り返るユジン。

「こっちで火に当たれば?」

(うほほ~~!誘ってる誘ってるぅ~~
 くっついて火に当たって~~それからそれからぁ~~)

Pdvd_111

「ちょ、、上の部屋を見てきます」

逃げるように行ってしまうユジン。
フッと笑うミニョンさん。

(いや~ん!押しが弱いわ~~!!)

ー麓ー

サンヒョク一行がスキー場に到着する。
チョンアさんに会い、ゴンドラが止まって
ユジンがミニョンさんと2人っきりで
山頂にいる事を知る。

ー山頂 ロッジー

寒さに負けたのか、ユジンがミニョンさんのいる
暖炉の傍に来る。
眠っているミニョンさん。
するとユジンは一気にチュンサン星人に変身し
ミニョンさんに襲いかかる。
まずはメガネを外し、うっとりとメガネ無しミニョンさんを堪能する。

Pdvd_114

(いや~ん!茶髪のチュンサンよ~~!)

すると残念な事にメガネ無しミニョンさんはもう目覚めてしまう。

(もう~!これからがイイところだったのに~!)

M33

バツの悪いユジン。しどろもどろになる。

「眼鏡 取りました。。
 眠るのに 邪魔なので。。。どうぞ。。」

(あぁ~~なんて萌え~なメガネ無しミニョンさんなの~~)

Pdvd_120

慌てて席を立つユジン。
メガネを受け取り、目頭を押さえるミニョンさん。

「いつまで死んだ人を思うの?」

足が止まるユジン。

「そんなに彼が忘れられない?」

Pdvd_124

近付くミニョンさん。

(いや~ん!どSの反撃よ~!)

「ユジンシ。1つだけ聞きたい。
 もし彼が生きてたら
 今も愛し合ってたと思う?」

ミニョンさんを睨む。

「イ・ミニョンシ」

(『この私に言葉のどSプレイなんて10年早いわよ!』)

「もういない人だから美化しているだけでは?」

(うふ~ん。セめるわね~~!)

「やめて下さい。あなたに言われる筋合いはありません」

(『私がSなんだから!』)

「いいえ。言わせて下さい。」

(強いのね~!爆)

Pdvd_132

『何ですって~!?』なユジン。

「僕は愛を知らないと?
 確かに そうかもしれない。
 でも故人を思い続けるのが愛とは思えない。」

「そんな!」

「自分を哀れんでいるんだ」

(おお~!やっぱりどMって事なのね~!?爆)

Pdvd_130

「やめて!」

ユジンの両肩を掴むミニョンさん。

「現実を見るんだ!彼はもういない!もう死ん。。」

「いい加減にして!なぜ私にそんな事を!?」

「あなたを好きだから!」

Pdvd_133

ちゃららら~ん ちゃららら~んらん~

『ええ~!?』な顔のユジン。

(気付いていたけど一応ね。。ふふ)

苦しそうな表情のミニョンさん。

「僕が、、僕があなたを愛しているから。。」

『僕はどSだから、、あなたはどMになってほしくて。。』

『なんですって~!?私を好きになったなら
 あなたがどMになりなさいよ~!!』

目だけで語り合う2人。(ウソです。爆)

Pdvd_137 

                                  つづく

|

« 大好きだった切子のペアグラス。。。 | トップページ | メリークリスマスー! »

えんじゅのツッコミ鑑賞記④-どMミニョン編」カテゴリの記事

コメント

どはははは~~~~happy02
目だけで語り合うのね~~~(爆)
それで、virgoがS
crownがMなったんだ~~(ぶぶぶっ)
ああ~~~今日も面白かった~~~smile

冬休みは、お休みになるのかな???weep

投稿: 波左間 | 2008/12/23 10:11

がはははは~delicioussmile

「ごきげんよう」で、羽田美智子がさんまのしゃべりに
過呼吸になってしまったのを思い出しました~爆爆爆だす~

えんじゅさん、ぜひ来年のM1crownを狙ってください。相手はチュートの福田みたく誰でもよいと思われ~爆

投稿: marsa | 2008/12/23 16:48

波左間さん〜
そうです〜目eyeだけで通じ合う2人〜〜
crownは、なかなかMになりきれず
葛藤する毎日なのです〜smile

投稿: えんじゅ | 2008/12/24 00:58

marsaさん〜
不朽の純愛ドラマを爆3つなんて〜bombbombbomb
もうこの上ない褒め言葉だす〜crying
ありがとうございます〜m(__)m

投稿: えんじゅ | 2008/12/24 01:02

もち子さん〜
看板が〜〜看板が〜〜eye
歯を食いしばっている王子の顎のラインが萌え〜heart04
最近架け替えのペース早いですね〜smile
昨日の王子〜その後、色々考えちゃいましたよ〜
あのろうそくの長さからしてそんなに時間が経ってない=
王子ってば、、P〜〜〜banとかとか〜〜爆

ジフにもなっているゴンドラのミニョンさん〜
めちゃめちゃキレイですよね〜lovely

投稿: えんじゅ | 2008/12/24 01:09

xmas 波左間さん、marsaさん、
えんじゅさんの「ツッコミ鑑賞記」、本当に面白いですねーーhappy02happy02
M-1よりもはるかに面白いとおもいます~rocksign03

う~~ん、、相方には「wavemapleさん」をご推薦します~~catfacefull

投稿: もち子 | 2008/12/24 10:44

xmas waveboutiqueさん~
看板、今朝見たら変っているのでびっくりしましたよ~sweat01
私が寝てる間に妖精さんが変えたのかすら~shineshinepunch
今日までクリスマス祭りの後王子バージョンでいくつもりだったのに。。。shock

投稿: もち子 | 2008/12/24 10:50

きゃあ、だんまりのミニョンさん、カワイイっす^^

&目だけで語りあう二人、うーん、やはり両方s
だったら、難しいのかなあ、、

しかし、「自分を哀れんでる」って言われて
キっとなる、ユジンさん、なかなかの眼力です。

投稿: 鈴の介 | 2008/12/24 14:43

xmas bellちゃん~

うんうんlovely可愛いです~~heart04ポッ

そうだね~~両者共Sって有り得るのかなぁ~~sign02sweat01
って、全貧経だから分りません~~~sweat01weep

投稿: もち子 | 2008/12/24 15:49

bellちゃん〜
ユジンって時々、地が出ると申しましょうか、、
役とは不似合いな目つきや仕草をする事が
あるのですよね〜〜どははh〜〜
で、そんな完全でないユジンが好きだったりします〜smile

投稿: えんじゅ | 2008/12/24 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1055225/26235299

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のソナタ 第7話 「冬の嵐」part7:

« 大好きだった切子のペアグラス。。。 | トップページ | メリークリスマスー! »