« ぺ・ヨンジュンの着た全衣装 | トップページ | 冬のソナタ 第7話 「冬の嵐」part1 »

冬のソナタ 第六話「忘却」 part7

ーチェリンの店ー

Pdvd_000_2

2階

「本当?ユジンがミニョンさんの部屋に行ったの?」

目が落ちそうなくらい大きく見開いて驚いているチンスク。

「クレ~。サンヒョクに言うなら言いなさいよ。」

おしゃべりなチンスクを使って
サンヒョクに情報を流させようとしているチェリン。

(なるほどね~~。そうくるのね~)

「でも、なぜそれがわかったの?」

ミニョンさんが店に入ってくる。

(げえ~っ!何ですか!?そのパンツの色はっ!(T0T)
 これから大事なシーンなのに。。(T-T))

M28

店員の女の子に『シー!わかってる^^』のポーズをして
こっそり2階に上がって行く。

その後、ちびって卒倒するショップ店員。(←ウソです。爆)

チンスクの声が聞こえてくる。

「ユジンからチェリンに話したの?」

(もう~!イイ所からミニョンさんが立ち聞きしますね~!爆)

Pdvd_013 

「そんなわけないわ。
 カマをかけたら自分から誤って来たの」

ミニョンさんの表情が曇る。

「ユジン、かわいそう、、」

「何よ。自業自得でしょ!」

視線が動くミニョンさん。

Pdvd_026

(ちょっと萌え~~^m^)

「ミニョンさんが来たら 待っててもらって。
 それから、口には気をつけてよ。
 チュンサンに似てるとか
 絶対言わないで!アラッソ!」

(こえ~~チェリン~!スケバン~~(死語))

出て行くチェリンと入れ替わりに入ってくるミニョンさん。

ソファに座り、指輪をくるくると回しながら考えているミニョンさん。

(うう、、その服装の配色、、、(T0T))

「チンスクシ、、
 僕、、そんなに似てますか?」

「何の事ですか?」

「お友達に、僕に似た人がいるんでしょ?」

「チェリンが話したの?
 私には口止めしたくせに。」

Pdvd_034

笑顔だったミニョンさんの表情が変わっていく。

「実を言うと、初めてお会いした時
 心臓が止まるかと思いました。
 こんなにそっくりな人がいるんですね!」

「その人の名は、、、チュンサ、、」

「そう!カン・ジュンサンです。
 カン チュン サン」

ユジンの「チュンサンガ。。」を思い出すミニョンさん。

「彼は、、チェリンの元恋人。。?」

「デ!?」

Pdvd_038

(ぎゃはは~チンスク~その顔イイです~~爆
 デコにシワよりすぎ~~爆)

「チェリンの片思いです。
 チュンサンはユジンが好きで。」

(知ってたの~!?チンスク~!!爆)

「その人は、、今どこに?」

「死にました。。
 チェリンから聞いてませんか?」

点と点が繋がってくるミニョンさん。

M27_2

(ああ~ん、いいお顔ですぅ~~
 どアップにもじぇんじぇん耐えられるぅ~ん。
 もう~~衣装~~!!)

最後に瞬きを2、3度して鞄をもって出て行くミニョンさん。

車に乗り込むと即、発進させる。

運転しながら今までのユジンの言動を思い出している。

『眼鏡とって。外して下さい』

『似てるんです。私の知ってる人に本当にそっくりなの』

『チュンサンガ、、、』

『本当にあなた?そうなのね?』

『別の人と間違えました』

『周りは変わらないのに その人だけいない。
 その寂しさが どんなものかわかりますか?』

全てが繋がって自分の今までの態度に後悔してるミニョンさん。

Pdvd_047    

ーチェリンの店ー

帰って来たチェリン。
ミニョンさんが帰ってしまった事に腹を立て
チンスクの顔に荷物を投げつけている。

(ヒドイ~)

「ちゃんと待つように言った?
 口は軽いくせに 肝心な事は言えないの?」

(これもヒドイ~~)

「口が軽いのはチェリンの方よ。
 チュンサンの事口止めしておいて
 自分は しゃべってる」

「何の事?
 ミニョンさんがチュンサンの事知ってた?」

「クレ~。そんなに似てるのかって。」

わなわなと震えて叫ぶチェリン。

「イヤッ!!」

Pdvd_050

(ははは~チェリンさん~チンスクを利用するつもりが
 足下すくわれましたね~~!!爆)

ースキー場ー

車を止めるなりダッシュでユジンの部屋へ向かうミニョンさん。
一息ついて呼び鈴を鳴らす。(顎から耳のラインがエロすぎ~!爆)

Pdvd_053

(きっとこの時はユジンにかける言葉で頭が一杯だったハズ。
 もしかしたらスキー場に向かう車の中で
 気持ちもぐぐ~っとユジンに傾いていたかもしれません。)

でも、、出て来たのはサンヒョクだ。

『あ、、忘れてた、、この人の存在。。』

な表情のミニョンさん。

「サンヒョク~誰~?」

ひょっこり顔を出すユジン。
ユジンの前に立ちはだかるサンヒョク。

Pdvd_072

(ミニョンさん~ユジンに辿り着くまでには
 このサンヒョクという壁(え?板?爆)を乗り越えねば~)

「こんにちは。ユジンに用が?」

(サンちゃん~!そこはユジンの部屋なんだから
 ユジンに用があるに決まってるじゃん~!爆)

「いや。また今度にします。」

一礼して立ち去るミニョンさん。

『ええ~?せっかく来てくれたのに~~帰っちゃうのぉ~?』

なユジン。

Pdvd_074

ー外の駐車場ー

車にもたれかかって考え事をしているミニョンさん。

Pdvd_075

(このシーンは色々な解釈があるそうですが、、
 私はミニョンさんはソウルからスキー場に辿り着くまでに
 ユジンへの思いが固まりつつあったのに
 彼女は婚約しているという事を思い知らされ
 『頭を冷やすんだ、、彼女は婚約してるんだ、、
  距離を置かねば、、、』と言い聞かせているのではないか
 と考えます。皆様はいかがでしょう。。?^^)

ーホテル ユジンの部屋の前の廊下ー

「また今度」と言いながらも
やっぱり戻ってくるミニョンさん。

(数々の無礼をどうしても早く謝りたかったのね~)

Pdvd_077

部屋の近くまで来るとサンヒョクとユジンの声がする。

「いいだろ。もう少し居るよ」

(そうよね~!せっかく仕事サボってまで来たんだから~)

「ダメ。もう遅いわ。」

(へ?遅いって。。。^^;)

「婚約してるのに~。部屋も2つあるから~」

(そうよね~~、、へ?別々!?爆)

「ダメよ。」

(ダ、、ダメなの!?別々でも!?)

「せっかく、、、」

(来たのにねぇ、、^^;またオアズケ。。??)

「エレベーターへ」

(ユジンさん、、婚約したのなら腹をくくりなさい。爆)

やっぱり立ち去るミニョンさん。

ー翌朝 工事現場ー

Pdvd_078

現場の進行状況を確認しているミニョンさんに
ユジンが話しかけてくる。

「あの、、班長の件。ありがとうございます。」

「彼は帰った?」

設計図に目を落とし、素っ気なく言うミニョンさん。

「いえ。食事をしてから、、」

「どうぞ 行って。お昼の時間だ。」

ユジンに目を向けるミニョンさん。
何か言いたげなユジン。

Pdvd_079

(「昨日はどうして部屋に来たの?」って聞きたかったのでしょうか。。)

「とにかく、、お礼を。」

頭を下げて立ち去るユジン。
何ともタイミング良くカードを落とすユジン。爆
気付くミニョンさん。

Pdvd_081

「チョン・ユジンシ!」

拾ってあげる。。。と!
それは「運命の輪」のカードだった。。
チョンアさんの言葉を思い出すミニョンさん。

「運命の相手が近付いている」

『えっ。。?ユジンさんがどうして。。!?』

Pdvd_086

ミニョンさんに呼び止められ振り返るユジン。
しゃがんでいるミニョンさんに
立てかけられている材木が倒れて来るのを見て
とっさにミニョンさんをかばう。
倒れる材木音。。。

Pdvd_088

              ー7話へー

|

« ぺ・ヨンジュンの着た全衣装 | トップページ | 冬のソナタ 第7話 「冬の嵐」part1 »

えんじゅのツッコミ鑑賞記③-キングミニョン編」カテゴリの記事

コメント

もち子さ~ん、いやいやgifいいですよ~scissors。1メガですもん、大変です~。

最後から2枚目のミニョンしにも撃沈~heart04heart01heart04。この顔写真では初めて見たような気がしますです~fuji

えんじゅさん、

>その後、ちびって卒倒するショップ店員。(←ウソです。爆)

ぷぷぷ、大笑い~happy02、で、きっとえんじゅさんの体験談ではと想像しましたです~爆

車にもたれて考え事をしてるミニョンさんの心の中・・・えんじゅさんの想像どおりだと思いますがぁ、妄想エロエロ星人のえんじゅさんにはもっとエロい想像を期待しておりましたです~爆

投稿: marsa | 2008/12/09 11:37

marsaさん~GIF・・慰めて下さってカムサハムニダ~sweat01どははh~
でも、もっと丁寧に作らんばsign01rockですね~~ぶぶぶ~

私もミニョンさんの心の中は、えんじゅさんの書いてある通りだと思いますが、、

あはは~

>妄想エロエロ星人のえんじゅさんにはもっとエロい想像を期待しておりましたです~爆

なんですね~~sign02あはは~~~

投稿: もち子 | 2008/12/09 12:58

marsaさん〜
どははは〜〜シリアスな場面で
どれだけエロエロ星人ぶりを発揮してよいものやら
葛藤の毎日でございます〜〜smile
あのミニョンさんはちょっとイジれない
まだまだ小心者のエロ星人なのです〜catface
もちろん脳内はあんなこと〜やこんなこと〜を
想像しておりますが〜どははは〜

投稿: えんじゅ | 2008/12/09 13:57

送信する度に、看板エロ王子がこっちを見る〜〜happy02
もうもう大変だすよ〜〜lovelylovelylovely
イロイロと〜〜smile

「デ?」のチンスク〜sign03ぎゃははは〜〜happy02
わざわざキャプってくださって〜〜爆
ありがとうございました〜m(__)m

ダッシュでスキー場に戻って来てユジンの呼び鈴を
鳴らすときのミニョンさんの横顔って
もち子さんの作品に使われてませんでしたっけ?

投稿: えんじゅ | 2008/12/09 14:00

waveboutiqueさ~んcoldsweats02
エロエロ王子に見られて、何がどう大変なんですかっsign02爆~~

はい~あの横顔、加工を始めたての頃に使いました~
でも、あの頃はキャプの仕方が分らなかったので
人様のを拝借しました~~catface
で~、今回「あっflairこのシーンだったのかsign02」と思いましたですよ~full

投稿: もち子 | 2008/12/09 15:03

サンちゃんは板~~~爆~~sweat01
いやいや~ つっぱり棒にぶら下げた暖簾くらいかも~~!
・・・・って、実際は結構分厚い壁だったですよねsweat02

車でのシーンは
こんな必死こいで~一目散に~謝りにきた自分に??
なぜ、サンちゃんがいた事にコンナに同様して、
油人に謝りもせず引き下がったのかに???
と、自分の気持ちにびっくりしている??
と・・だからもう一度、念のため(爆)油人のトコにいったのか?
そこで、二人の中学生の様なやりとりを聞いて~
はっ!・・ボクは~~ボクは~~かしら?

上の何枚かのミニョンさんの唇の色~
紫服に合わせたんでしょうか~
まあ、どうでもいいですか??どはっdash

もっち子さん~
ミドリのズボンキャプするの勇気いったでしょうね~爆~

投稿: でんじゃ | 2008/12/09 15:22

ふええ~、
シって、する、ミニョンさん、
グッドですう、らぶう~
えんじゅさんの隣で、連れショ○ならぬ、
連れおちび○したのは、私です、、、

呼び鈴を押す、ミニョンさんも、ふええ~らぶう

ミニョンさん、えんじゅssiのいう通り、めっちゃ
好きって、気持ちと婚約してるっていう事実で
葛藤して、ほでもって、この日は理性が勝って
次の日に、ユジンにそっけないのですね、、
でも、やっぱすっきゃねん♪(また、なぜか関西弁)
っとなるんですねえ、くふふ

ででで、ミニョンさんのズボンの色、ひええ
で、波佐間差ん、ご報告の、このコーディネイトを
褒めてたサイトもびっくりですねえ、、

そうそう、えんじゅssi、チェリンは、ミニョンさんの
センス、どう思ってたんだろうって話で、
昔、会社のおしゃれな先輩は、付き合う人は顔が悪いのは、
どうしようもないけど、センスが悪いのは、変えて
いけるから、少々変な服、着てても大丈夫よって
話してはったの思い出しましたです。

投稿: 鈴の介 | 2008/12/09 15:30

waveboutiqueさんと同じです~
誤解が解けて、ユジンへの思いがストレートになって駆けつけたわけですけど~
「そうだった~ ユジンには婚約者がいたんだ。。。
こんな風に気持ちのまま動いてはいけないなぁ。。。」
と、頭を冷やしてた様な感じがしました~

サンヒョクがユジンの部屋から追い出された後でも行けたのに行かなかったし~
bellちゃんが言ってるように、次の日も言わなかったし~
速攻に「彼は帰った?」「どうぞ 行って。お昼の時間だ。」
って、気を配ってましたよね~

で、その壁を越えたのが、わざと落としたように見えた(爆)
「運命の輪」のカードと材木からかばってくれた事故
じゃないかと思います~
ふふ、超真面目に答えてました~rock 爆~

投稿: もみじ | 2008/12/09 16:29

でんじゃさん~
唇の色、私もそう思っていました~coldsweats02
で~~、パンツの色、、sadshockでした~

投稿: もち子 | 2008/12/09 18:16

bellちゃん~happy02happy02happy02happy02
だめですよ~~~おちび〇しては~どははは~
最近、bellちゃんが壊れていくようで怖い~~爆~

顔が良くても、ダサダサな男は嫌だな~~bearingsweat01
って、ミニョンさ~んsweat01言われっぱなしでっせ~sweat01

投稿: もち子 | 2008/12/09 18:26

wavemapleさん~~sweat01
今日は熱でもあるのですかっsign02
まるで、大阪でお会いしたご婦人のようですよ~flairflair

カード、ありがとうございました~full
マイフォトに貼らせて頂きますね~~shine

投稿: もち子 | 2008/12/09 18:30

でんじゃさん〜
どははは〜さんちゃんは暖簾〜happy02
しかもつっぱり棒にぶら下がってるって〜〜ぎゃははh〜happy02
結構厄介な暖簾で鉄板で出来ているので
めくってくぐろうとすると脳天に直撃します。爆
どMの方限定〜〜〜ぶぶぶ〜smile

投稿: えんじゅ | 2008/12/10 08:34

bellちゃん〜
ぎゃははっは〜〜おちび○しちゃったのですね〜happy02
六話を見る前はじゅうんくんにオムツ借りないと〜〜bleah

おされな先輩〜〜ぎゃははっは〜〜happy02
「顔が悪いのはどうしようもないけど」って〜happy02
なんて直球な〜〜爆

でもチェリンはミニョンさんをコーディネートしているようには
見えないのですよね〜〜
どれだけお付き合いしてたのかは知りませんが〜coldsweats01
ま、余計なお世話ですかね〜〜catface

投稿: えんじゅ | 2008/12/10 08:41

wavemapleさん、、
お体の具合、、大丈夫ですか。。sign02
おちゃらけてないwavemapleさんなんて
「めっちゃハンサムな海風君」のように
ちぐはぐで変ですよ〜coldsweats02
早く良くなって下さい。。sports

投稿: えんじゅ | 2008/12/10 08:45

>「デ?」のチンスク〜ぎゃははは〜〜
松田○子さん?似てませんか?

パンツ。何色か思い出せなかったけど、緑か…
(どっひゃ~~~爆)angrywobblycrying
ろめやんうろめやんうろめやんうろめやんうろめ…

crownと油人の部屋って、お向かいでしたよね?
今回の壷は、上から4枚目のイケズ顔~~~(爆)lovely怒られたい。。。happy02

投稿: 馬佐間 | 2008/12/10 09:32

どMhorse様〜
イケズ顔〜〜イイですよね〜〜lovely
ワタスも萌えだす〜〜lovelyheart04
でも〜怒られたくない〜〜〜smile

そう言えば聖子ちゃんもあんな風に
デコにシワが寄りますよね〜japanesetea
え?シワじゃなくてお顔が似てますかsign02

投稿: えんじゅ | 2008/12/10 10:05

馬佐間さん~~
先日は「婆佐間」と間違えてミアネ~sweat01

私も言われて見直し、凸の皺がメッチャ聖子ちゃんやん~happy02と思いました~
あ、凸の皺は「造顔マッサージ」で減りますcatfaceたぶん。。run

投稿: もち子 | 2008/12/10 10:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1055225/25930275

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のソナタ 第六話「忘却」 part7:

« ぺ・ヨンジュンの着た全衣装 | トップページ | 冬のソナタ 第7話 「冬の嵐」part1 »