« 新聞の一面広告です~ | トップページ | 長らくお待たせしました~。始まります »

冬のソナタ第9話「揺れる心」part1

Pdvd_000_3   

スキー場のホテルにミニョンさんの車が戻ってくる。
駐車場に車を止め声をかけるミニョンさん。

Pdvd_001

「ユジンシ、、」

爆睡中のユジン。

(夜に「どこにいるかわからないが迎えに来い」と無茶な電話をよこし
 スキー場に戻るのもドライバーへの配慮も無く爆睡。。
 ああ、、8話の最後に自分がMになると約束したのもすっかり忘れ
 取引先の理事をパシリに使うその度胸~!爆 クイーンオブどS!!)

「ユジンシ、、寝ちゃいましたか。。?」

良からぬ事を考えているミニョンさん。(憶測です。爆)
天使の寝顔を見せつけているユジン。
ユジンの髪に触れようとするミニョンさん。
しかし「さわんじゃねーぞオーラ」を感じ諦める。爆
寂しそうに微笑むミニョンさん。(やっぱりMはあなた担当~爆)

「あなたも、、僕を好きなんだって信じたいんだけど、、
 だめですか。。?」

Pdvd_005

そうつぶやくと、もう一度ユジンの髪に触れようとする。
ユジンの発する赤外線防御に触れてしまい、目が覚めてしまう。
慌てて手を引っ込めるミニョンさん。
何も悪い事はしていないのになぜか焦るミニョンさん。爆

Pdvd_008

「眠れましたか?」(ああ。。。下僕~~爆)

「もう着いてたんですね。
 すっかり眠ってしまって。。。」

「コーヒーは?買ってくるから待ってて。」(パシリ~~~爆)

Pdvd_009

自販機でコーヒーを買って戻ってくるとユジンがいない。
ドアにメモが貼ってある。

Pdvd_000_4

「帰ります。ありがとうございました。ユジン」

(ああ、、やっぱりユジンのペースだわぁ。。。
 普通はきちんとお礼を言うでしょう。。
 コーヒーまで準備させておいて、メモだけだなんて、、、)

、、と思っていたら、、

メモを読んで微笑むミニョンさん。

Pdvd_011

どはははは~~~!!!もうすっかりどMも定着なのね~!!爆

ー翌朝ー

8話の最後に「チュンサンは元気?」と言っていた女性が
懐かしそうに春川のチュンサンの家の塀に触れている。
門をくぐり家の中へ。。
ピアノのふたを開け音を鳴らす。

「僕の父親は?」

チュンサンの声が聞こえたような気がして
驚いて振り返る。

Pdvd_013
そう、この人はチュンサンの母。
ピアニストのカン・ミヒだった。

ースキー場 マルシアン事務所ー

Pdvd_015

現場の報告をする次長。

「それで。。夕べはどちらへ?」

「え?」

「とぼけないで。私にバレてないとでも?
 ユジんさんと帰って来た。」

(どははは~~臭い足を匂わせて酔いつぶれてたのに~!!爆)

含み笑いをしながら

「それは誰から?」

「ばあや。チョンアさんです。
 王子と姫のお出かけにはばあやが目を光らせる」

(28歳の大人同士なんだからほっとけほっとけ~~爆)

「テートしてたんでしょ?」

興味津々の次長。

「違いますよ。バスが終わってたから迎えに」

(おお~!ウソの達人~~!爆)

「なるほど。そうですか。」

(全く信じていない次長。
 なんでウソだってわかるの!?爆)

「白馬に乗って駆けつけたわけだ。
 でもケンカした?」

「いいえ」

「そう?今日元気なかったけど」

「ユジンさんが?」

笑顔だったのに急に心配そうな顔になるミニョンさん。

Pdvd_016

「憂鬱な顔してたからてっきりケンカかと。
 違うんですか?」

「どうしたんだろう。。」な顔で目をキョロキョロ動かす
ミニョンさん。

Pdvd_017

ー夜。外のベンチー

(寒そう~~~爆)

マフラーも無く、暴風にさらされているユジン。
ミニョンさんにハグハグしてもらった時の事を思い出している。

Pdvd_021

『くっしょ~!マフラーくれるっていったクセニ~!!』

呼び出した訳でもないのにミニョンさんがマフラーをぐるぐるまきにして
出てくる。もちろんユジンに気付く。爆
嬉しそうに微笑むミニョンさん。
ちょっとしたイタズラを思いつく。
(この時の目の動かし方がかわいい~~><)

91_2

そお~っとユジンの正面にアヤしげな人が立つ。
以前ユジンに貸したゴーグルの付いたフードを
かぶっている。(アヤしすぎ~~爆)

Pdvd_041

『なにやってんだよ~いい年して~』
なかばあきれ顔のユジン。(やっかみです。爆)

Pdvd_042

フードをとって笑顔を見せるミニョンさん。
(かわいい~~^^)

Pdvd_043

歩く二人。

やっと自分のマフラーを外してユジンにかけてあげるミニョンさん。

『なんだお~今更ぁ~~』とむくれるユジン。
しかし両肩を抱いて(いやん~)
「寒いでしょう」というと大人しくなる。

(ここは訳が「寒いでしょう」しかないですが
 ユジンが大人しくなるようなキメ言葉を
 なにか言ったハズです~。
 どなたか~教えて下さい~~)

Pdvd_049

大人しくなったユジンにゆっくりとマフラーを
巻いてあげるミニョンさん。

「人生には分かれ道に立つ瞬間がある。
 どちらへ進むべきか決めなきゃならない。」

そしてユジンの手を取ろうとするが拒まれる。
引っ込めようとするユジンの手を両手で阻止し
強引にでもゆっくりと優しく(エロい。爆)
両手で包み込むように握る。

92

「決められない時は手を引かれてみて。
 今みたいに。」

キメ笑顔のミニョンさん。

Pdvd_084

(あなたに引いてほしい手がここにも~!爆)

強引さに腹が立つものの、念願のマフラーゲット達成のため
『今回はおおめにみてやる』なユジン。

Pdvd_085_2 

手をつないだまま歩き続ける。

Pdvd_087

極寒デートが終わり、ユジンが部屋に戻ってくるとケータイが鳴る。

「ユジナ、、ナヤ。。」

サンヒョクだった。   

|

« 新聞の一面広告です~ | トップページ | 長らくお待たせしました~。始まります »

えんじゅのツッコミ鑑賞記⑤-やっぱりどMミニョン編」カテゴリの記事

コメント

どははは~~~ようやく始まりましたね。
スバラッシイ~~~(爆爆爆)

また、レビューを見ながら本編を見なくては~(爆)

もち子さん、えんじゅさんありがとうございます~
(何も、泣かんでも…爆)

投稿: たかたん | 2009/02/14 11:17

たかたん~~

長らくお待たせしました~~
萎えかけてたを復活させましょう~

キャプしながら萌えっぱなしでしたよ~

さん~~

カムサハムニダ~~(超初級)

投稿: もち子 | 2009/02/14 12:55

たかたんさん〜
もち子さんも仰ってますが
本編見ながら萌えっぱなしです〜
いやぁ〜砂漠期どこ吹く風〜〜です〜
一緒にシアワセに浸りましょうね〜

投稿: えんじゅ | 2009/02/14 13:18

もち子さん〜
キャプいっぱい〜
「強引に。でもゆっくりと優しく」のジフまで〜〜
ああ〜〜んうっとりぃ〜〜〜
ありがとうございますぅ〜〜

投稿: えんじゅ | 2009/02/14 13:22

もち子さん〜
ミニョンさん。「寒いからじっとして」って
言ってたのですね〜〜
「じっとして」って言われたら
じっとしちゃいますよね〜〜〜もへ〜〜〜

投稿: えんじゅ | 2009/02/14 13:24

さん~

らしいです~~
不完全正規版の字幕では、ああなっていました
決して私が訳したのではありません~~どはは~
BS完全版、字幕が不完全です~~

投稿: もち子 | 2009/02/14 14:04

よ!待ってました~
今回もどMどSのお勉強になりますです~。

どっちかってえとどSの湯人になりきってるえんじゅさんもS系かなドハドハドハ~

そうか~、冬ソナで萎えを回復させるっていい考えだわ今夜はだんなもいないし、どっぷり浸かって
シドニーにいるらしい王子の今を忘れましょう~

もち子さん、またまた殿堂入りのgifですねん。ああ、私もあんなふうに・・・妄想~

投稿: marsa | 2009/02/14 17:42

marsaさん~お待たせしました~
今日から怒涛のUPですよ~~どはは~

「強引に。でもゆっくりと優しく」のGIFですが~
むふふ~~何度も見直してます~
いや~んエロい~変たp---炸裂~

投稿: もち子 | 2009/02/14 20:28

marsaさん〜
待ってて下さった方がいらっしゃるなんて。。
本当にありがたい事です。。

marsaさんも妄想されるのですね〜ぐふふ〜
お仲間お仲間〜〜〜


王子、、今シドニーですか。。。へ、、へぇ。。

投稿: えんじゅ | 2009/02/15 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬のソナタ第9話「揺れる心」part1:

« 新聞の一面広告です~ | トップページ | 長らくお待たせしました~。始まります »