« これって、、、王子、イケるんと違うの!? | トップページ | 妄想冬ソナ第14話「二度目の事故」 part4 »

妄想冬ソナ第14話「二度目の事故」 part3

すっかり満腹になってチュンサンの病室の戻るユジン。
椅子に座り話しかける。

Pdvd_000

「チュンサンガ。。さっきは怖がって泣いちゃってごめんね。
 (え。。それはサンちゃんに言えば?^^;)
 
これからは怖がったりしない。もっと強くなるわ。
 (え、これ以上ですか。。?^^;)
 
もう二度とあなたから離れない。
 (ひえ~マジですかぁ~?^^;)
 
こうしてあなたの手を握って離さない。
 (もうどんなプレイでも逃げられないのね。。)
 
だからあなたも私の手を離さないで。
 帰ってきてね。いい?」

Pdvd_002

(うう、、自己陶酔して泣いてるけどさ~
 「チュンサンが生きてても私にはサンヒョクがいます」は
 どうなったんでしょう。。。?
 なんだかユジンって口ばっかり~!
 大事な事なのに、その時の気分と雰囲気で言っちゃってさ~)

ー翌朝ー

病院にミヒが駆けつける。

ユジンがチンスクに電話をしている。

「服もお願い。チンスク。
 チュンサン?必ず目を覚ますわ。心配しないで。」

(仕事してる人使わないで、プ~なんだから自分で取りに帰りなさい~!爆)

ミヒが病室に入ってくる。
一瞬取り乱すが、その後は冷静にマネージャーと今後のスケジュール調整を
したりしている。

「チュンサンオモニ」

「チュンサン?そんな風に呼ばないで。」

Pdvd_003

(そんな風ですってぇ~!?←怒る視聴者)

「すみません、私は、、」

「あなたが息子にチュンサンの話を?
 似てると言ったんでしょ?」

「チュンサンかもしれないと思って」

「単純ね。
 名前も性格も違えば、別人だと思うのが普通でしょ?
 余計な事を教えて、事故にまであわせて」

(随分攻めてますが、、記憶を入れ替えたのだって
 十分ヒドい事ですが。。)

「すみません。でも、、」

「もういいわ。帰って。看病はこちらでします。
 マネージャー。付き添いの人を手配して。それから日本行きも短縮を。
 それじゃ。」

行こうとするミヒに言うユジン。

「帰りません。
 チュンサン、いえ、ミニョンさんと離れません。
 10年間好きでやっと会えたんです。
 (おいおい~!婚約してるでしょ~~!!)
 
『チュンサン』とは二度と呼びませんから
 どうか、側にいさせて下さい。お願いします。」

Pdvd_004

諦めたように黙って立ち去るミヒ。

(言葉通り受け止めるとホントに一途な愛ですが。。
 ユジンさん、婚約してるし、、
 解消するって騒いだけど、結局また元に戻ったし。
 ミニョンさんにも「チュンサンが生きてたって
 サンちゃんがいます。ミニョンさんがそうさせたんでしょ?」って
 言ってたし。式の招待状も配ってるし。。。
 そんな状態なのに、全部ふっとばして、この↑セリフ。。。ははは。
 ミニョンさんではありませんが、『そんな天使な顔で言われると
 みんな騙されます。』)

看病を続けるユジン。
いつの間にか雪が降ってくる。

Pdvd_008
(ぶぶぶ~~~!!その降り方ってどうなのよ!?爆)

しばらくして酸素マスクが外されるミニョンさん。

Pdvd_011
(よしよし~これでメガネ無しなお顔がしっかり拝めます~~^m^)

サンちゃんがお見舞いにくる。
ミニョンさんの顔を見たいのに病室に入れてくれないユジン。爆
廊下の椅子で話す二人。

Pdvd_013

「意識はまだ?」

「きっともうすぐ戻るわ」

「ユジナ。実は僕、、彼がチュンサンだって。。
 随分前から知ってたんだ。。
 『記憶が無いなら別人だ。ユジンと別れろ。
 そして僕だけのご主人様になって。。』と言った。
 だから彼は遠くへ去ろうとしたんだ。」

Pdvd_014

「そうだったの。。そんな事が。。」

「僕が憎くないの?怒らないのか?」

「いいえ。どうしてサンヒョクがそう言ったのかわかるわ。
 そんな事、、ずっと気にしてたの?」

もじもじしているサンちゃん。

「いいのよ。過ぎた事だわ。」

「だけど、、もしも、、チュンサンが目覚めなかったら?」

「そんな事無い。大丈夫よ。絶対に目を覚ます。
 だから、サンヒョクもそう信じて。」

Pdvd_016

Pdvd_017

と、言いたげなサンちゃん。

結局一目も会わせてもらえず病院を後にするサンちゃん。
ケータイが鳴る。チェリンからだ。

Pdvd_018

ーBarー

先に来ていたチェリン。大分酔っぱらっている。

「サンヒョク~来たわね!」

Pdvd_019

チェリンの横に座るサンヒョク。

「お仲間が~。」

「何してる?」

「見ての通り~。あ~もう一本ちょ~だい~」

おかわりを頼む。
サンヒョクにグラスを差し出すチェリン。

「失恋したもの同士。楽しくやりましょ。」

「酔ってるな。」

「当然よ。あなたも酔いたいんでしょ?」

表情を変えないサンちゃん。

「昨日も今日も、、ミニョンシのお見舞いに行きたかった。
 でもやめた。ううん。行けなかったの。なぜって。。
 彼の心には、、私の居場所は無いの。」

内心ショックのサンちゃん。表情は固いままだ。

「そこは、、、もうユジンの場所なのよ。」

Pdvd_020

Pdvd_021

と言いかけてやめたサンちゃん。

「何も出来ずに負けちゃった。
 この私が。。!オ・チェリンが。。!!」

泣きながら酒をあおるチェリン。

Pdvd_024

Pdvd_025

なサンちゃん。
クールにチェリンを見ている。

「笑っちゃうわ!なぜ私たちが振られるの?」

Pdvd_029

Pdvd_032

なサンちゃん。

「ユジンとチュンサンがなによ!
 なぜ私たちが惨めな思いを?」

「チェリナ。。

Pdvd_026

チェリンのグラスを取り上げるサンちゃん。

「やめろ」

「キム・サンヒョク。私と付き合わない?
 失恋したもの同士で、慰め合うのもいいかもよ。どう?」

心はミニョンさんでいっぱいのサンちゃん。
まったく興味を示さない。

「帰ろう。送るよ。」

「何よ。嫌なの?私の事嫌い?」

「辛いだろうが、、、よせよ。」

「私じゃダメ?
 ユジン以外の女は目に入らないのね。
 いいわ。わかった。もういい。」

Pdvd_034_2

と、言いたいが言えないサンちゃん。

よろよろと立ち上がるチェリン。

「チェリン!」

支えようとするサンちゃんの手を振り払う。

「なぜみんなユジンばかりが好きで
 私の事は嫌いなの?
 あなたも、ミニョンさんも、チュンサンも。。!
 私を好きになってくれない。(その性格じゃね~)
 チュンサンは私にとっても初恋の人よ!
 知ってた?」

Pdvd_036

と言いたいサンちゃん。

泣きながら帰るチェリン。追いかけるサンちゃん。
(お客さん~お代を~~)

ー外ー

信号が赤の横断歩道に飛びこむチェリン。
サンちゃんも追いかけてくる。
座りこむ二人。でも車は上手によけてくれる。爆

Pdvd_038

「サンヒョガ。。私本当に辛いの。。
 ミニョンさんの側にいたいのに。。
 看病してあげたいのに。。
 なぜ私が好きな人は、、私を好きじゃないの?
 どうして私を必要としてくれないの?
 どうして。。?
 どうして側にいられないの。。?どうして。。?」

どんなに想っても自分を必要としてくれないミニョンさんを思い出し
辛くなるサンちゃん。
泣きじゃくるチェリンの姿を自分に重ねる。

Pdvd_039

|

« これって、、、王子、イケるんと違うの!? | トップページ | 妄想冬ソナ第14話「二度目の事故」 part4 »

えんじゅのツッコミ鑑賞記⑥-モテモテミニョン編?」カテゴリの記事

コメント

本当に、油腎様には…gawk

でも、韓国のドラマって皆理解できない。。。って言ったら
もう元も子もない~~~(爆~)happy02
チュンサンは、結局ママンと同じ自分が一番可愛い女を選んだのさっ。weep
ミヒと湯人は、ある意味似ている・・・

投稿: 波左間 | 2009/06/05 23:00

波左間さん

湯人(こんなん出ました~sweat01)と身費(ぶぶぶ)は、
よく言えば一途rock悪く言えば自己チューpaperですね~
で~、男性は、母親に似てる人を選ぶっていいますからね~catface
やっぱ、どMの運命~sign02crying

投稿: もち子 | 2009/06/06 07:34

boutiqueさん~

今回は王子はsleepysleepyで、つまんないシーンでしたが
boutiqueのサンちゃんのお陰で楽しめました~notesありがとうございましたshine

>サンちゃんがお見舞いにくる。
>ミニョンさんの顔を見たいのに病室に入れてくれないユジン。爆
>結局一目も会わせてもらえず病院を後にするサンちゃん。


どははは~~~ツボツボでしたーーhappy02
よく、思いつきますねーーーーsign02sign03爆~

投稿: もち子 | 2009/06/06 07:38

波左間さん〜
ホント湯人って見れば見るほどなんだかなぁです。。gawk
チェリンじゃないですが、どうしてみんなユジンを好きになるのsign02
チュンサンに湯陣のどこが良かったのか
是非聞いてみたいモンですthink
あ、「自分が一番」のママと似てるからか。。。shock

投稿: えんじゅ | 2009/06/06 11:37

もち子さん〜
なんか今回のサンちゃんはいつもと違うなあ、、と
思っていたら。。ほっぺがピンクじゃなかった〜happy02
チュンサンの前じゃないとピンクにならないのですね〜sign02
ぎゃははは〜〜happy02

チェリンに何度も「私たち」って言われてイラっとしている
サンちゃんの表情に爆です〜smile

雪の降り方〜こうして見ると更にぎゃははh〜happy02
右半分は降ってないし左半分はめっちゃ降ってるし〜snow

投稿: えんじゅ | 2009/06/06 11:44

あはは、ミニョンさんが、アメリカに
行こうとしたのは、サンちゃんが、
独占欲を見せたからなのですねえ(爆)

で、一番はじめの、すっかり満腹になってにも
爆爆爆です。。。

で、皆さん言われてるとおり、私もユジン女王様の
行動には??です。

投稿: 鈴の助 | 2009/06/06 15:10

bellちゃん~どははh~

そうそうsign01

>で、一番はじめの、すっかり満腹になってにも
>爆爆爆です。。。

私もです~~~あははは~~~happy02happy02happy02

投稿: もち子 | 2009/06/06 21:07

bellちゃん〜
どはははh〜〜サンちゃんから逃れたい王子〜〜(ナルホド〜sign01
どM生活からの脱出も考えられますが
ユジンが好きならムリか。。coldsweats01
やっぱりサンちゃんから逃げたのか〜happy02

投稿: えんじゅ | 2009/06/08 09:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これって、、、王子、イケるんと違うの!? | トップページ | 妄想冬ソナ第14話「二度目の事故」 part4 »