« おお!全貧組でも、ゴシレが味わえる!・・かも? | トップページ | 妄想冬ソナ第16話 -父の影- part1 »

妄想冬ソナ第15話 -過去への旅路- part5

ーマルシアン 理事室ー

Pdvd_000

チュンチョンに行った日と、、同じ日、、なのかな?
ミニョン、、いや、チュンサンの服装が同じですが。。。

バタバタと忙しそうな次長。
久々に出社したチュンサンと理事室に入る。

「あなたはイ理事ですか?カン理事ですか?
 とにかく、無事で良かった」

(「後は任せます。もう戻りません。」と突然言われて大変だっただろうなぁ^^;
 でもちゃんと戻れる場所を用意しておいてくれてる次長。優しいなぁ~^^)

「大変でした?」

笑顔で席に着くチュンサン。さっそく書類に目を通す。

「理事こそ。もっと休んだ方が。」

「大丈夫。」

「身体は治っても、まだ頭が混乱しているのでは?
 全部思い出した?」

「いいえ」

「じゃあ、治療を続けないと」

「自然に任せます。」

「なぜ?」

「いい思い出だから、、すぐ思い出したら勿体ない。」

Pdvd_002 

ー外ー

マルシアンから出てくる二人。
次長は現場へ、チュンサンは、、おしまい?

Pdvd_005 

(ああ、、それにしても足が長い。。。歩いてるだけでうっとり。。)

ー帰り道ー

運転しているチュンサン。赤信号で止まる。
ふと歩道に目を向けると、ひも付きのミトンを
ぶんぶん振り回している未来の女王様候補。

Pdvd_007 

『あ、あの振り方は、、!将来が楽しみだ、、』

笑みを浮かべるチュンサン。

『ん?この光景、、、どこかで。。』

Pdvd_009 

もう一度女王様候補を見る。
お母さんにミトンをはめてもらっている。

恥ずかしいのに、自分がミトンを両手にはめて誰かに見せている。

Pdvd_011
バスの中でも、、同じミトンをはめて恥ずかしいゲームに参加させられている。爆

Pdvd_012 

少しずつ思い出しているチュンサン。
信号が青になり、慌ててハンドルを握る。

運転しながらミヒに電話する。

「オモニ。昔の家に僕のものがある?」

「ええ。全部残してあるわ。」

「じゃあ、事故の時に着てた服も?」

「う~ん。。捨ててないから、、なぜ急に?」

「別に。じゃあね」

Pdvd_015 

明るい声のチュンサン。そのままポラリスに向かう。

ーポラリスー

あちこち決算書をさがしているチョンアさん。
実はユジンが隠し持っている。爆

「オンニ。これじゃない?」

「さすがユジン~!1ヶ月ぶりなのに冴えてるわね~!」

Pdvd_016 

(チョンアさん。騙されては行けません。爆)

そこへバタバタとチュンサンが入ってくる。

(このときの階段降りる前のチュンサンのバタバタが爆~)

驚いたユジン。立ち上がる。

「チュンサンガ!」

「ユジナ!思い出したよ!」

Pdvd_017 

「何を?」

「チョンアシ。ユジンを借りてもいいですか?」

「え、、」

「急用なんです。」

困るチョンアシ。

「チュンサンガ。。」

「チュンチョンに行こう!(チョンアシに)いいかな?」

ユジンの手を引くチュンサン。

「カジャ!」

Pdvd_019 

(チョンアさん、「え、、」しか言ってないのに。。爆

 うーん。やっぱりユジンも同じ服か。。
 チュンチョン行って帰って来て出社して、またチュンチョンに行くの?
 はっ!まさか、、「思い出す旅」はお泊まりだった!?
 で、朝帰りで出社して、またチュンチョン?
 それともソウルとチュンチョンは結構近い?)

ーチュンチョンのチュンサンの家ー

棚の周りをきょろきょろしながら何かを探しているチュンサン。

「探し物?何を思い出したの?」

「いや。ちょっとね。」

部屋を出て違う所をあちこち探している。
納戸に入るチュンサン。
タンスの引き出しを開け一枚のジャンパーを取り出す。
山小屋へ行ったときのフワフワフードの付いたあれだ。

チュンサンの部屋の机の上においてある箱を開けてみるユジン。
制服に付いていた名札を見つけ、手に取る。
懐かしさが込み上げてくる。

Pdvd_021 

納戸で荷物をひっくりかえしているチュンサン。
大きな鞄の中からやっと初雪デートの時に着ていたコートを見つける。
祈るような気持ちでそっとポッケに手を入れる。

『あった。。』

笑みがあふれる。

Pdvd_023 

一方ユジンは、昔自分が書いたメモのような手紙を
チュンサンが捨てずに持っていてくれてた事にカンゲキする。

『居眠りしないでね!
 放送部さぼったら承知しないわよ!
 ムチの他にロウソクも追加するからね!』(とまでは書いてません。)

『ムチとロウソクか。。ふ、まだまだ初心者ね。。』なユジン。(じゃないかも)

チュンサンが部屋に入って来た事に気付くユジン。

「見つかった?」

『うんうん』と頷くチュンサン。

「なんなの?」

黙ってピンクのミトンを見せるチュンサン。

「チュンサンガ。。」

その手袋を、恥ずかしいけど昔と同じように手にはめて見せるチュンサン。

Pdvd_026 

胸がいっぱいになり涙があふれるユジン。

Pdvd_027   
ー繁華街ー

こうなったらやっぱり10年前聞きそびれた告白を聞きたいユジン。
あの時の待ち合わせ場所に連れてくる。
日もすっかり暮れクリスマスツリーのように飾られたネオンがピカピカしている。

Pdvd_029 

「ここ、何の場所かわかる?」

「ごめん。。」

がっかりなユジン。

(「愛しているのは思い出の中のチュンサンではなく今のあなただから
  もう思い出を探すのはやめましょう。」ってさっき言ってたよね?爆)

「いいの。思い出す度に、プレゼントをもらう気分。」

『やっぱり思い出して欲しいんだよね。。』なチュンサン。
目に見えないプレッシャーを感じる。爆

「今日は疲れたんじゃない?コーヒー飲む?」

(疲れているとわかっていても缶コーヒー一杯で
 また帰りも運転させてしまおうという魂胆。爆
 そしてきっとまた自分は爆睡。爆)

「ああ。」

「私が買ってくる。」

Pdvd_046 

コーヒーを買いに昔懐かしい感じのお店に入るユジン。
待ってる間に雪が降ってくる。
そんなに珍しくもないだろうに笑顔になるチュンサン。
落ちてくる雪を掌で受ける。

『あ、、この感じ、、、』

思い出すチュンサン。

Pdvd_031 

「好きな動物は?」

「子犬。あなたは?」

「人かな。」

「人?誰~?」

「大晦日に会って教える。」

Pdvd_032 

『あ、、、そうだった、、』

固まっているチュンサン。

Pdvd_033 

コーヒーと言いながら本当は炭酸を買ったユジン。ガンガン振る。爆

Pdvd_035
ふと見ると、石像になってしまったチュンサンの背中。
いや、なんちゃら蝋人形の館に飾られた人形。。そんな感じだ。

Pdvd_037 

『はっ。。身代わり人形を置いて帰っちゃった!?』と一瞬よぎったユジン。

「チュンサンガ、、」と声をかけてみる。

Pdvd_038 

ウイィィ~ン。。とこっちを向くチュンサン人形。。じゃなかった。
どうやら本物らしい。涙で目が真っ赤だ。

Pdvd_039 

「チュンサンガ。。」

近付いてくるチュンサン人形。(アニ、リアルです。)

「僕たち。。ここで会う約束してた。。?」

Pdvd_041 

『やればできるじゃん~!』なユジン。

「大晦日に。。」

『よっしゃ!これで告白してもらえる~!』

Pdvd_042 

「思い出したよ。。伝えたかった言葉。。」

Pdvd_043 

『聞きたかったよ~10年間!』

Pdvd_044 

Pdvd_045_2 

怒りを爆発させたユジン。振っておいた炭酸をチュンサンに浴びせる。
                    (え?違いましたっけ?)

-16話につづく-   

|

« おお!全貧組でも、ゴシレが味わえる!・・かも? | トップページ | 妄想冬ソナ第16話 -父の影- part1 »

えんじゅのツッコミ鑑賞記⑦-チュンサンのどM修行編」カテゴリの記事

コメント

さん~

いよいよ次回から「起承転結」の「結」に突入ですねぇ~

書き始めの頃、「いつ止めてもいいから、マイペースで書いてね」
とお願いしていましたね~
まさか、こんなに長く続けて下さるとは思ってもいなかったです。。
なんせ、私の「ジェホヤァー」は5話位迄??どはは~

王子日照り、王子干ばつの時期に楽しませて頂いて
本当にありがとうございます

この調子でいくと。。
ハイテンション状態で「アニソナ」に突入できるかもしれないと
密かに思っています

投稿: もち子 | 2009/06/18 09:20

もち子さん〜
やっとここまできましたね〜
いつも遅筆な私を温かく見守って下さって
本当にありがとうございます〜m(__)m

そしていつも萌え萌えチュンサンや
爆笑キャプ&ジフの数々〜
本当にありがとうございます〜m(__)m

しかしチュンサンの出番が終わってしまった今、
最後まで辿り着く事は出来るのでしょうか
いやいや、これからもどMならではの修行の数々を
皆様と一緒に楽しんでいけたらと思います〜

今後とも宜しくお願い致します〜m(__)m

脚長チュンサン。。ホントにスタイル抜群だ〜

投稿: えんじゅ | 2009/06/18 14:53

ぐふふ、ああ、チュンサン、炭酸かけられてる~

本当、丸試案前のチュンサン、足、長いでっす!!
こんな長いのに、ウンのコーディネイトで
長く見えない、、、

ポラリスでの、チュンサンのバタバタ、
見てみたくなりましたです。

投稿: 鈴の助 | 2009/06/18 15:04

ちゃん~~

今回は吟じてくれないのですか~?爆

ね~本当に足が長い~~
王子のスタイルの良さも
ファン以外の人に知って貰いたいですねーー

投稿: もち子 | 2009/06/18 16:06

どははは~~~
このレビューをパチソナを途中で諦めた人に
見せたら…確実に鵜呑みにするであろうと思われます~
ラストまで、引っ張って下さい~~~♪
さん、もち子さん、この
カ~ムサハムニダ~~~~

投稿: 波左間 | 2009/06/18 17:03

ははは~波左間さん~~

鵜呑みにされては困ります~~
って、別に困らんわね。。。

それより、某アナのブログに行ってビックリしましたよ~
ラストを全く理解してないのですーー
それなのに、王子ネタで小遣い稼ぎをしてるなんて、、
うううう~~許せん

投稿: もち子 | 2009/06/18 18:55

ちゃん〜
どははは〜丸試案〜
私もやってみよう。。丸志案。。( ´艸`)プププ

チュンサンね〜。寒くて雪まで降ってるのに
炭酸かけられちゃってかわいそうですよね〜

ポラリスのバタバタ
笑えますよ〜〜

投稿: えんじゅ | 2009/06/18 21:47

波左間さん〜
鵜呑みにされたらタイヘンだす〜
「本編を味わい尽くし、もうカラッカラで
 どうしようもない方達だけの為のお話し」だす〜

ああ〜今日もいい天気〜〜

王子〜〜水〜〜水をくれ〜〜

投稿: えんじゅ | 2009/06/18 21:55

なんだか、一番最初に出来たフィギア…
似てないと思っていたけど…似てますね。。。(爆)

>笑みがあふれる。

の後の写真が特に…(爆)いやん

投稿: 波左間 | 2009/06/19 09:30

波左間さん~~

実は、この回のヨン様キャプ、
フィギアで作りましたの~お~ほほほ~

波左間さんが教えて下さった「あめさんのブログ」ですが、、、
フィギアで楽しく遊んでいらっしゃって。。。
実に羨ましいぞーーーー爆~

投稿: もち子 | 2009/06/19 10:06

波左間さん〜
王子がフィギア似なんだか、
フィギアが王子似なんだか。。

干ばつが続くから、今後フィギアが売れたりして〜
(はっ∑ヾ( ̄0 ̄;ノこれも計算ヨンちゃんかっ爆)

投稿: えんじゅ | 2009/06/19 15:19

ぎゃははは~
最後のチュンサンの哀願するような顔~爆
心からMになって欲しかったんでしょうね~爆

あ~~どの角度からお仕置き炭酸を浴びせたのでしょうか~
頭の中でそのシーンが見えるようで、、ぎゃはは~

投稿: もみじ | 2009/06/19 22:50

さん~

元々、チュンサンはどSですからね~
記憶が戻ったら辛いでしょうね~爆~

う~~ん、最後のシーンですが。。。
実は作ってみました~ぶぶぶ~
でも、思い通りの画像が無かったので、イマイチ。
っつうか、エグ過ぎてUPする事がためらわれました。。
見たい???爆~~~

投稿: もち子 | 2009/06/20 08:12

つ、つくってたんですか~ ぎゃははは~
見たいです~ エグいのを~ 爆~

ワタスの妄想では鼻の穴めがけて
鼻ツーン攻撃~~~~ぎゃははははh

投稿: もみじ | 2009/06/20 09:23

さん〜
どははっは〜チュンサンに炭酸鼻ツーン攻撃〜
どんだけどSなんだぁ〜〜ぎゃははは〜

投稿: えんじゅ | 2009/06/20 13:45

さん~~

ど、ど、どS過ぎますーーー

の発想
に比べたら、私の画像はしょぼ過ぎますよ~~

投稿: もち子 | 2009/06/20 13:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おお!全貧組でも、ゴシレが味わえる!・・かも? | トップページ | 妄想冬ソナ第16話 -父の影- part1 »