« ご恩返し。。 | トップページ | 髪切ったって、本当なのかなぁ~~?? »

妄想冬ソナ最終話-冬の終わり-part3

   ーどっかのカフェー

似たような色の衣装と空間。
(この二人、衣装の色をよく合わせてますよね~。
 ラクダ色のコートも、若草色のセーターも、今回も。)

「何だか顔色が良くないわ。無理してない?
 このろうそくを垂らしてあげましょうか?
 一気に血流が良くなるわよ?」
 (そこまでは言ってません。)

Pdvd_066

一瞬身の危険を感じたチュンサン。
Pdvd_067_2

と小さく笑う。

「あれこれ片付けで忙しいからかな。」

「本当に明日,アメリカに行くのね。。」

(そうだったの~!?いつ決まったの~!?
 ユジンは誰から聞いたの~!?)

返事をせずにユジンを記憶するように見つめているチュンサン。

「留学の話。サンヒョクから聞いたよ。」

『あ、それ?でもやっぱりアメリカにしようかな。。
 あらやだ、こんな所にシミだ。』

「ユジナ。。」

洋服のシミが気になって下を向いていたユジン。
顔を上げる。
黙ってユジンを見ているチュンサン。

「なに?」

微笑むチュンサン。

Pdvd_071

「別に。ただ、その服のシミが気になって。。
 (ただ、見ておきたくて。。って書いてあります)
 もう見納めかも。。」(服のシミが!?爆)

悲しい表情で微笑むユジン。

Pdvd_072

「初めて見た君は,本当にきれいだった。。
 (「本当にきれいだった」の台詞が息だけのような発声になっているのは
  演技者の計算でしょうか。。)
 あまりにきれいで驚いてたんだ。」

(そうなの!?どついたら逆ギレされてガン飛ばされたから
 ビビってしまったとばかり思ってました。。^^;)

「それから、ポラリスのチョン・ユジンと出会ったときも
 ムチを片手に生き生きと働く君がまぶしかった。」

(ムチは持ってません。爆)

「あんなに美しく輝いてた君を、僕は守れなかった。。
 悲しませただけ。。」

Pdvd_074

Pdvd_075

涙目でそう訴えるが、ここは印象を良くしたいので
違う事を言ってみる。

「違うわ。そんな事無い。
 私,あなたに出会えてとても幸せだった。
 サンヒョクでは味わえない、どSの人をどM扱い。。
 本当に、、本当に幸せだった。。」(一部ねつ造)

ジーンとしているチュンサン。

「。。。。ありがとう、ユジナ。。」

『いいのよ。。あら、ここにもシミが、、』

「最後に1つ、お願いがある。聞いてくれる?」

『僕と一緒にアメリカに来てって言うんでしょ~?ふふ』なユジン。

「なんでも聞いてよ?」

「いいわ。なんでも聞いてあげる。
 でもドMになって~はダメよ。」

「ユジン。。サンヒョクと一緒に留学して。」

Pdvd_076 

『は?なんですってぇ~!?どういう事よ!!』

と表情が変わるユジン。

「チュンサン。。?」

「サンヒョクとなら安心だ。
 彼は君の事を心から愛している。
 どんなドM修行にも耐えられる。
 他の誰よりも君の事を守ってくれる。」

(一行ねつ造です)

「嫌よ。」

「ユジナ。。」

涙を流すユジン。(そこまで嫌なのか~!爆)

Pdvd_082

「それはダメ。できない。
 彼じゃ、もう物足りない。ただのドMなんて、私つまらない」

(後半は言ってません)

「お願いだユジナ。
 サンヒョクなら、君を幸せにしてくれる。
 僕の為に、、そうしてほしい。。」

(なにも男性はサンちゃんだけじゃないですから~!)

「僕の為に、君が幸せになるように、、努力して。」

(ええ~!?サンちゃんとじゃ幸せになれませんから~!)

Pdvd_079

なユジン。

ー夜(になっちゃった~!)ユジンのアパート前ー

チュンサンに送ってもらうユジン。
はっ!チュンサンが消えた!?。。。
と思ったら、助手席のドアをあけてあげるチュンサン。
車をおりるユジン。
名残惜しそうにドアを閉めるチュンサン。

Pdvd_083

「明日。空港には来ないで。
 また轢かれるのは怖いし。」

(君を置いて行くのは辛いからって
 書いてあるような。。?)

「わかった。。」

「それから、、どこに行ってもちゃんと食べ
 ちゃんと寝て,強く生きてくれるね。」

Pdvd_084

頷くユジン。

「約束するわ!私なら間違いなくどこでも強く生きられるわ!」

(後半は意外にも言ってません。)

「それからユジナ。僕たち、、会うのは最後だ。
 あの海の幸せな思いでを大切にしたいから。
 これを最後に、いい思い出だけ残そう。いいね?」

涙を流すチュンサン。
同じように涙を流すユジン。頷く。

Pdvd_086

「わかった。」

「それじゃ、、ありがとう。。」

Pdvd_087

なユジン。

「。。。行くね。。さよなら。。」

行こうとするチュンサン。
その腕をギュっとつねるユジン。

Pdvd_088

Pdvd_089

泣いているチュンサン。
その手をゆっくり離すユジン。

Pdvd_091

なユジン。

「さよなら。。」

そのまま車に乗ってしまうチュンサン。

ーユジンの部屋ー

ドアを閉め、呆然と立ちすくむユジン。
そのまま座り込み爆泣きする。

Pdvd_092


  ー翌日 チュンサンのマンションー

ガランとした部屋でマルシアンの次長に電話をしているチュンサン。

Pdvd_093

「いいえ。全部先輩に任せます。」

「ふう。。今後はずっとアメリカに?」

「はい。ありがとうございます先輩。」

「ふん。お元気で。夜の便でしょ?」

「はい。10時です」

「見送りもお断りですか?気をつけて。
 いつか帰っていて下さいよ!」

にっこり笑うチュンサン。

Pdvd_096

「お元気で。」

笑顔の次長。

「それじゃ」

電話を切る次長。ため息をつき,理事室を見渡す。

Pdvd_097

マンションを出るチュンサン。

ーラジオ局ー

呼び出すでもなく、サンちゃんを待っているチュンサン。
打ち合わせが終わったサンちゃんが廊下に出て来る。
振り返るチュンサン。にっこり笑う。

Pdvd_098
気付くサンちゃん。ポっとなる。

Pdvd_099

ー屋上ー

空を見上げるチュンサン。

Pdvd_100

「空が冬じゃないな。冬の空が好きだった。。
 透明なのに深みがあって。。
 でも、この空も見納めだ。」

「見納め?」

「アメリカに行く。」

Pdvd_101

『え。。?それで、、僕を迎えに来たの?』

「サンヒョク。ユジンを頼んだよ。
 サンヒョクになら安心して任せられる。」

『いやだよ!僕はあなたといたいんだ!』

「ユジンを大切にして。
 淋しくさせないで。」

『彼女は一人でも全然大丈夫だよ!
 僕は、あなたと一緒に。。!』

「チュンサンガ!君は本当に。。」

「本気だよ。本当に頼む。
 僕は戻らない。」

『どうして。。?どうして僕に一緒に来て欲しいって
 言ってくれないの?
 僕はこんなにあなたの事を愛しているのに。。!
 兄弟だから?もうどうにもならないの。。!?』

じっとチュンサンを見つめるサンちゃん。
見つめ返すチュンサン。サンちゃんの右肩に手を置く。

Pdvd_109_2 

『ちう?もしかして。。僕にちうしてくれるの。。!?』

うるうるの目でチュンサンを見つめるサンちゃん。
じっとサンちゃんを見つめるチュンサン。

「。。。。元気で。。それじゃ。。」

行ってしまうチュンサン。

Pdvd_111

ものすごくガッカりなサンちゃん。
振り返り呼び止める。

「チュンサンガ。。」

それでも足を止めないチュンサン。

「カン・ジュンサン!」

足を止めサンちゃんの方に振り返る。

「行かないで。。!」

『え。。?』な表情のチュンサン。

「僕は、、ユジンの事がねたましかっただけだ。。
 (「ユジン」ではなく「君」ってなってます。)
 ユジンとは兄妹でもないんだし、、
 僕は君の大事なDNAを残せない。。。!!
 だから、、ユジンのもとに戻れよ。。!」

(一部言ってない部分があります。)

ちょっと考えるチュンサン。

「いや。それはできない。」

「どうして?
 僕らが兄弟だから?
 僕にユジンを譲るつもりか?
 僕はユジンなんていらない!
 僕が欲しいのはあなただけだ!!」

(後半は言ってませんがサンちゃんの本心でしょう。爆)

ふっと笑うチュンサン。

「愛は譲れないよ。(いや~ん!男前だけが言っていい台詞~!爆)
 今後、ユジンを助けられるのは、、
 僕でなく,君だ。。。
 君の方が長く、ユジンをそばで見守っていられる。」

Pdvd_115

『え、、?長くって。。どういう事?
 事故に遭いやすい体質ってこと?
 そりゃ、Mに関しては僕の方が完全に忍耐強いけど。。』

ふっと微笑むチュンサン。

「行くよ。」

行ってしまうチュンサン。

Pdvd_117

その後ろ姿を萌えながら見送っているサンちゃん。

Pdvd_118   

|

« ご恩返し。。 | トップページ | 髪切ったって、本当なのかなぁ~~?? »

えんじゅのツッコミ鑑賞記⑦-チュンサンのどM修行編」カテゴリの記事

コメント

ぎゃはははは~~~~~~happy02happy02
boutique師匠~fuji

あ~、おかしかった~~爆爆happy02
本編を見た時、ユジンがチュンサンの腕を掴むシーンは
凄く、ドキドキして、涙を流したワタス。。。cryingheart02

今回は、それぞれの個性が表れてましたね~catfaceheart04
ああ、永遠に読み続けたい。。weep
でも、残すところ、後2回になってしまいましたよ、、、sweat01

投稿: もち子 | 2009/09/14 09:26

ふえーん、後残り2回ですか、、、
さびしい、、、

でで、ぶぶぶ、服のしみを発見のくだり
大爆でした。。
そうそう、白は、クリーニングだしたのに、
次のシーズン、しみになりますよねえ、、

いやん、今日も素敵♪のキャプ、表情バッチシ
です。

&でも、すべてをなんというか、あきらめた
チュンサン、よい感じですねえ、、

投稿: 鈴の助 | 2009/09/14 15:40

bellちゃん~weep

そうなんです~後2回。。shock
100回に分けてもいいけど。。。ぶぶぶcatface

うんうんspaポッlovelyのサンちゃん可愛いです~happy02

投稿: もち子 | 2009/09/14 21:10

もち子さん〜
あとtwo回ですか〜memo
来週中には終わりを迎えるのですね〜confident
ファンミの準備やお仕事でお忙しいでしょうが
宜しくお願い致します〜m(__)m

サンちゃん〜happy02ぎゃははh〜〜happy02
出て来ただけで条件反射で笑ってしまいます〜爆
屋上で右肩にチュンサンの手がおかれた時は
相当期待していたと思いますです〜どははは〜〜happy02
チュンサン、ここでも相手に期待させるだけさせておいて
「じゃっ。paper
ああ〜ん。罪な男ぉぉ〜〜〜catface
魔性のどSだす〜〜どははh〜〜happy02

投稿: えんじゅ | 2009/09/16 07:41

bellちゃん〜
普段SMで黒しか着ないユジン女王様の白のアンサンブルは
おそらく一張羅だと思われ〜〜〜どはっはは〜〜〜happy02
「しみを見つけちゃった」は動画で見ていると
本当にそう見えるのですよ〜〜(ワタスだけかっcoldsweats01

「いやん。今日も素敵note」のキャプ〜happy02
いいですよね〜〜sign03happy02

投稿: えんじゅ | 2009/09/16 07:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご恩返し。。 | トップページ | 髪切ったって、本当なのかなぁ~~?? »