« 妄想冬ソナ第19話-父と子-part3 | トップページ | 妄想冬ソナ最終話-冬の終わり-part1 »

妄想冬ソナ第19話-父と子-part4

   ー病院 診察室ー

何かの検査結果を見て愕然としているジヌ。

「本当ですか?本当に事実なんですか?」

「親子の確認に、絶対確実はありませんが
 これはほぼ確実と言えますね。」

(あの、、あなたは脳外科の先生なんじゃ。。?^^;)

ガタガタ震えているジヌ。

「どうかしましたか?」

倒れ込んでしまうジヌ。

Pdvd_131

ーマルシアン 理事室ー

ユジンがくれた模型を見ているチュンサン。
そっとふれてみる。

Pdvd_132

泣いているチュンサン。

Pdvd_134

ーミヒの練習室ー

ノックもせずにドアを開けるジヌ。
険しい表情だ。
練習中のミヒ。立ち上がる。

「どうしてここに?
 まだ何か話があった?」

「本当に。。?
 本当か。。!?
 チュンサンが、、私の子だって、、、
 本当か!?」

Pdvd_135

『な、、なんで、、!?
 なんでバレたの。。。!?』なミヒ。

その様子を見て、確信したジヌ。

ーマルシアン 理事室ー

窓際に立っているチュンサン。
一瞬フラっとして、そのまま仰向けに倒れる。
視聴者サービスとしてお腹をチラ見せ。爆(いや~ん!)

Pdvd_136
受付嬢が入って来る。
(もう見えない。。ポッケのモッコリは何ですか。。?
 タバコかしら。。)

Pdvd_137

そのまま病院に運び込まれる。

ーミヒの事務所の廊下ー

練習室から出て来るジヌ。
ショックで足下がおぼつかない。

『ええ。。その通り。。
 チュンサンは、、あなたの子よ。。』

廊下をヨロヨロ歩く。

Pdvd_142

練習室のミヒ。

『ジヌ~!反則よ!勝手にDNA鑑定に出すなんて!!もう。。!!!』

ー病室ー

ベッドに寝ていたチュンサン。目を覚ます。

Pdvd_146

「カン・ジュンサンさん?」

医師が声をかける。

Pdvd_147

「検査結果が出て何度も電話したんですよ?」

Pdvd_148

ー診察室ー

病状の説明を受けるチュンサン。

「これが慢性硬膜下血腫。しみ出した血の塊です。
 ゆっくり形成されるもので事故直後にはわかりません。
 すぐ手術が必要です。」

Pdvd_149

「深刻なんですか?」

「位置が良くない。」

「眼球を圧迫すれば失明の可能性も。
 やがては命に関わる問題です。」

「。。。。。。」

「気持ちはわかりますが迷う暇はありません。」

「。。。手術すれば、、治りますか。。?」

「保証は出来ません。とにかく位置が悪い。
 正直、後遺症が残る可能性もある。
 だが、急を要します。すぐに入院手続きを。」

「。。。。考えます。。」(すてき~^^)

Pdvd_150

「症状が切迫している。
 早く決断して下さい。」

考える美チュンサン。

医師に言われた事を思い出しながら
ゆっくりと病院を出る。

Pdvd_153

ーサンちゃん家ー

ジヌの部屋。
椅子にもたれかかっているジヌ。

『やばいよやばいよ~。
 チュンサンとユジンを別れさせちゃった~。。
 それに僕の子ってことは、、、
 サンヒョクと兄弟で、、
 ママに浮気がバレちゃうよ~~~』

ー翌朝ー

チュンサンのマンションを訪ねるジヌ。
インターフォンをならずが出ないので諦めて帰る。
マンションのエントランスを出るジヌ。
でもやっぱり帰らずにそのまま待つ事にする。

Pdvd_155

ほどなくしてチュンサンが帰って来る。
ジヌに気付くチュンサン。

Pdvd_156

『あれ?』

感慨深そうに自分を見るジヌに「???」なチュンサン。

Pdvd_158

ーチュンサンの部屋ー

お茶を出すチュンサン。

「どうぞ。」

(スリッパは?)

「ありがとう。。ありがとう。。」

メガネを外し涙を拭うジヌ。

「教授。どうされましたか?」

メガネをかけ直し、まじまじとチュンサンをみるジヌ。

「教授。。?」

Pdvd_159

「はは、、なぜ気付かなかった。。」

「???」

「私の若い頃にそっくりじゃないか。。!」

Pdvd_161

(大勢の視聴者から何万もの石や抗議メールを受けるジヌ。爆)

「。。。?」

「今まで気付かなかった。。
 そうか。。それであんなに君が気になってたのか。。」

「、、、、どういうことですか。。?
 気付くって、、?」

Pdvd_163

「チュンサンガ。。君は、、私の息子だ。。」

『え。。!?!?』なチュンサン。

「チュンサン、、君は、、私の息子なんだ。。!」

『え。。?え。。!?ええええ~~!?』なチュンサン。

「今、何て。。?」

Pdvd_164

「昨日病院で検査結果が出た。
 ミヒちゃんにも確認した。」

『え。。?だって。。だって。。。!!』

「君はヒョンスではなく、私の息子だ!」

『ええ~~~?????
 それはそれで、、ビミョ~。。。』なチュンサン。

涙ながらに謝罪するジヌ。

Pdvd_165

「申し訳なかった。。本当にすまない。。」

Pdvd_167

  ー車の中ー

運転しているチュンサン。

(タクシーにしなさい~~!!)

頭が朦朧とする。
過去の断片を思い出す。

Pdvd_169

ーミヒのレッスン室ー

ミヒに背を向けて話すチュンサン。

「なぜ嘘をついてたの、、?
 ちゃんと答えて。。
 なぜ父親は死んだと思い込ませたんだ。。」

Pdvd_170

静かに話すチュンサン。

「ごめんなさいチュンサンガ。。」

振り返るチュンサン。

「ごめんなさい?」

Pdvd_171

ミヒに近付くチュンサン。

「今さら、、謝らないでよ。。。」

Pdvd_172

チュンサンと目を合わせられないミヒ。

「僕らをボロボロにして、、、
 別れさせておいて今さら!!!」

Pdvd_174

声を荒げる。

「説明して。
 言う事があるだろ!」

「あなたを、、本当はヒョンスの子だと思い込みたかったの。。」

顔が歪むチュンサン。

Pdvd_175

「本当はヒョンスの子だと。。。そう信じるしかなかった。。
 ヒョンスの子だと信じて今まで育ててこないと、、
 生きられなかった。。
 そう思わないと、あなたを育てられなかった。。
 私が悪かったわ。。。許してチュンサンガ。。」

Pdvd_176

やりきれないチュンサン。
天を仰いで涙を流す。

Pdvd_177

Pdvd_178

ーラジオ局ー

また来ているユジン。
見つけるサンちゃん。声をかける。

「ユジナ」

隣に座る。

「学校は見つかった?」

「うん、フランス郊外にあるのが良さそうだわ。」

「羨ましいな。僕も一緒にいこうか?」

「ちっ!ラジオ局はどうなるの?」

「あはは。お母さんには話した?」

Pdvd_179

「もちろん。反対したけど最後は許してくれた。
 はじめからやり直したいって言ったの。
 これからは前だけ向いて生きて行くって。」

「ユジナ、、」

「ママ、、ひどく泣いてたわ。」

「淋しいんだろうね。すごく心配なんだと思う。」

等々、ユジンは近況を報告して帰る。
すると要らぬお世話のDJが
「ユジンさんをつかまえとけ」と、けしかける。
サンちゃんはユジンへの気持ちを否定するが
しっかりまだ指輪をはめていた。

Pdvd_180

(ユジンさん、サんちゃんが指輪をまだしている事は
 当然気付いてるハズ。。
 それなのに、こうしてちょこちょこ顔出されちゃ
 サンちゃんも辛かろう。。。
 って、、ドMだからいいのか!爆)

ー夜 ユジンのアパート前ー

チュンサンがうろうろしている。

Pdvd_181

ーユジンの部屋ー

たわいもない話をチンスクとしているとユジンのケータイが鳴る。
下に下りて行くとサンちゃんが立っていた。

Pdvd_182

「どうしたの?」

「僕たち、、もう一度、、やり直さないか?
 、、、やり直したいんだ!」

『やばい。。またその気にさせちゃったよ。。』なユジン。

それを陰に隠れて聞いていたチュンサン。

Pdvd_183

ー最終話へー   

|

« 妄想冬ソナ第19話-父と子-part3 | トップページ | 妄想冬ソナ最終話-冬の終わり-part1 »

えんじゅのツッコミ鑑賞記⑦-チュンサンのどM修行編」カテゴリの記事

コメント

オモオモ、最後にサンちゃんにも翻弄される
チュンサン、ご愁傷様でございますニダ
病気だし、どうも自分は、愛があってできた子で
ないみたいだし、
もう、大変だあ、、

でで、キャハ、ジヌ教授は、投石や誹謗中傷からは
逃れられたのでしょうか??

で、倒れたシーンに、サービスショットがあるなんて
知りませんでした~

投稿: 鈴の助 | 2009/09/04 15:16

boutique師匠~~

いよいよ残すところあと一話になってしまいましたよ~sweat01weep
続きをエロ創作してみませんか~sign02爆~happy02

>私の若い頃にそっくりじゃないか。。!」
>(大勢の視聴者から何万もの石や抗議メールを受けるジヌ。爆)

どははは~~私もPCに向かって罵声を浴びせておきましたから~catface

>あの番号、迷惑電話。。。
ぶぶぶ~~よく考え付きますね~sign02あはは~~happy02

投稿: もち子 | 2009/09/04 15:50

bellちゃん~~weep

本当にチュンサンは可哀想です。。。
カンミヒめぇ~~punchpunchpunch
救いようの無い女だよ。全くsign03ブンスコannoy

サービスショット。。。むふふ~私は気付いていましたです~spaいや~んlovely

投稿: もち子 | 2009/09/04 15:54

お、チュンサンついにサンヒョクで手を打つのか~~coldsweats02 爆~

諸悪の根源がミヒとしても~
ジヌの「私の若い頃にそっくりじゃないか。。!」発言で~
ミヒが完全否定した気持ちが分かります~sweat02
全くこのおやぢ~~、キライだわ~~punch

ああ~~ チュンサン可愛そう~~cryingcryingcrying

それにしてもいつもテンペストでいいのですかsign02
しかも3楽章だけ、、、爆~
おお~
そうか、、テンペストって大嵐なのよ~
ミヒが大嵐って事なのかsign02


投稿: もみじ | 2009/09/05 18:18

wavemapleさん~

元々どSのチュンサン、どMのサンちゃんとは相性がいいはず。。。happy02punch

ぶぶぶ~おやぢって「ち」に点々でしかも「ひらがな」だと、絶対にハ〇を連想しますよね~sign02
どははは~~happy02

ミヒが弾いてる曲は、て、てんぺすと。。。って、noteなのですね~sign02φ(・ω・ )メモメモ

投稿: もち子 | 2009/09/06 00:18

bellちゃん〜
一瞬なのですよ〜サービスショット〜smile

う〜む。。
「ヒョンスの子だと思わないとやってらんないよ〜」
なんて母親から言われてしまったチュンサン。。
辛いでしょうね、、crying

ジヌの若い頃は、あの「散髪失敗sign02」のお姿ですから〜
なにをどう修正しても王子には似てまっせんっっgawk

投稿: えんじゅ | 2009/09/06 10:48

もち子さん〜
いよいよ最終話になりますね〜catface
最後までよろしくお願いします〜m(__)m

エロ創作。。。いやぁ、頭の中ではエロいチュンサンが
ぐるぐるしてますが、、どうも文字には。。
文才が無いのはこの通り証明済みですから〜coldsweats01

あ。ワタスもテレビの中のジヌに向かって
罵声をあびせる任務。
遂行しておきましたっ(  ̄^ ̄)ゞ

投稿: えんじゅ | 2009/09/06 10:55

wavemapleさん〜
どははっは〜〜happy02
どうして同じ曲を、しかも同じ所だけ練習〜sign02
ミヒの演奏会は延々テンペスト(3楽章のみ)だったりして〜〜爆
ひっぱるひっぱる〜〜happy02
暗譜を忘れた子どもが堂々巡り〜みたいに〜どははは〜〜

ミヒは何をどう間違えてジヌと、、、だったのでしょうかね〜〜sad

投稿: えんじゅ | 2009/09/06 11:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妄想冬ソナ第19話-父と子-part3 | トップページ | 妄想冬ソナ最終話-冬の終わり-part1 »