« ka  i  kan | トップページ | お料理王子~(ちろさん作) »

やっぱりステチ~

韓国版「マリクレール」←クリックして下さい

私は、グーグルツールバーの「自動翻訳」で日本語で読めました

す様、情報を有難う御座いましたscissors

ペヨンジュン、笑顔を抱く、東京での4泊5日

清潔に装備されて着たスーツとアンオンハン笑顔までペヨンジュンは相変わらずだった。 ちょうどスキニー陣だぶだぶのTシャツを着て軽い冗談でも、爆発するように笑ってジョトヒヌンゆるみが加えられただけだ。

201102_c_hi_146_01

201102_c_hi_146_02

201102_c_hi_146_03

東京'ヨン様'は固有名だ。 ただ一つだけであり、それ自体で大きな存在感を持っている単語だ。 彼はなかなか姿を現わさないのはその名の'ひどい'責任感が原因だ。 文化を越えて、経済までに動かすようにするヨン様のお出かけには従って、より控え目だ。 彼が表示されるだけで、空港から揺れるたらいの最初の訪問以来、羽田空港を通っては、初めから入国することさえできなくなった。
そして、1年3ヶ月ぶりの公式訪問である今回の行事のために羽田は非常に久しぶりにドアを開いてくれた。

新しく改装された羽田の威容を誇ることにこれほどのオープンイベントがまたあるだろうか。 ファンがノルディノルはロビーをいっぱいに満たしても足りず、空港の外側を取り囲んでいた。 この素晴らしい風景は、彼が初めて日本を訪問した時だけや大きな問題を作り出して放送に乗って広がっていった。 4千人を超えるファンにはいつものように感謝の気持ちで何度も頭を下げて手を上に上げて嬉しさを表現する人がペヨンジュンだ。

201102_c_hi_146_04

今回の訪問の目的である<笑顔プロジェクト>は、アジアの子供たちを助けるためのチャリティーイベントで、アジア各国のセレブリティが一緒に集まって自分たちの愛蔵品と才能を寄付する形式のコンサートだ。 普段から子どもと環境に関する事なら、積極的に率先出た彼だ。 今回は、慈善の宴を準備しているホストとなり、舞台に上がったのゲストとの招待を受けた人の観客を守る日まで引き受けた。 東京に泊まったの5日間の公式行事は、たった一日だけだった。 イベントの次の日は抽選で事前に選抜された、日本のファン5000人との非公式な写真撮影が予定されていた。

公式と非公式を残して彼が心配することはただ一つ、家族と指すのファンの待っていることである。 少しでも彼を見ることができる場合は、天候や場所に関係なく、何時間も席を守るファン。 12月の東京はサヌルヘトゴは、頻繁に外出を控えることは多分グダウン心配だった。 頻繁に顔を見せてくれて現れてくれるのが一番良いのお返しということを知りながら気軽に出ることができない気持ちだ。 したがって、日本に滞在中に私的な外出は非常にちょっと、今回の<笑顔プロジェクト>の主題歌を歌った愛する弟キムヒョンジュンと夕食を一緒にするための外出がすべてだった。

201102_c_hi_146_05

キムヒョンジュンが、日本に来るたびに必ず立ち寄るには定番のラーメン屋で、彼らは、軽い食事をした。 乱れのないすっきりしたスーツ姿のペヨンジュンではなく、ハイトプシューズにスキニージーンズを着てカジュアルな姿のペヨンジュンは少し驚きだ。 このように開かれた彼をどれだけ多くの人々が見たのだろうかと思いながらも、いつの日か、ファッション界の知人が清潭洞でペヨンジュンを目撃したことを伝えてパディングベストに排気パンツを着た彼の優れた'ギロックジ'に対して軽はずみに震えていた姿が浮かび上がった。 彼は結構まともなファッショニスタスターだ。 実際に公式スケジュール以外の日程中ボルキハンニットやブルゾン、スキニージーンウォーカーをマッチする彼のファッション感覚は思った以上に素晴らしかった。

彼は飛行機に上がる直前までドラマ<ドリームハイ>の撮影でギリギリのスケジュールを消化した。 共同制作ではあるが最初に制作するドラマで、特別出演はあるが、物語の展開の流れを導いていく重要なキャラクターを引き受けたうえで非常に久しぶりに向き合ったのカメラだったのだから完璧主義者であるペヨンジュンの方は、これまで蓄積したエネルギーを全部注ぎ腫れのは明らかだ。

201102_c_hi_146_07_2

"イベント前日の夕方、休息を取ったと言っていた彼が、スタイリストの部屋にいきなり入ってきた。リラックスしたジャージ姿で片手には大きな袋を持っては言った。
"この家の手作りハンバーガーの味が良くて少しずつでもみんな味だ。"
まだ彼が座る席を用意したりする前にトッピングの種類を説明し、本人が覚えているスタッフたちの好みに合わせてサーブしてくれる。 直接カットをし、すべての歯の手にもれなくハンバーガーが聞こえていることを確認する。 ソファに座ってスタッフと一緒にドキュメンタリー番組を見るの中にも、彼が'ヨン様'ということを認識して言ったり行動するこれは誰もいなかった。 会話を独占するか、または不快な沈黙と周囲の雰囲気に浸る、芸能人と向き合った席でよく直面するの不便さはなかった。 その席にヨン様があるとは誰も気づくことができないほど快適な時間だった。
夜10時を越すと、ペヨンジュンが先に席を振って立ち上がった。 群れの誰かが
"明日があるイベントのために体調を整えに行くんですよ。働いているときお兄ちゃんはダルラジゴんですよ"
と言いながら耳打ちした。 個人的なペヨンジュンと公的なヨン様のギャップがどの程度なのかは見積ることができるが、残念なことに彼の名前と値はあまりにも巨大で、働いているとき自分で自分にかける期待は、すべての歯の想像以上である。 夜が明けるまで、彼がどのように自分を追い詰めるのかは誰もわからない

201102_c_hi_146_08_2

次の日、前日よりも三、四倍に増えたファンが早朝からの位置を維持し始めた。 自分の部屋を見下ろすこの痛ましい風景の中に、彼はまた、どのくらいで心配しているだろうか。 午前10時過ぎにホテルを出た。 私達の前で走っていた車がギョッとした。 すでにホテルの従業員が道路の真ん中まで出てガイドしてくれるほど、多くの人波が集まっていたが、危険なことは起こらなかった。 俳優と同じようにマナーがいいファンというか。 ペヨンジュンは、しばらく車を止めて窓を開けて手を振って頭を下げられる。 5万人を収容するという、東京ドーム、収益を考えれば、舞台がジョムチョロム見える席も販売したがすべて十分に楽しむことが必要の意味があると考えているペヨンジュンには座席は3万人に制限された。 さらに驚くべきことはVIP席、R席、A席の差なく、均一なチケットの値を適用した点である。 チケットも数回にわたって順次オープンし、ダフ屋を防止した。 最終的に、より身近なところで、彼向き合っするために必要なのは、そんなに宝くじを通じた個人の『運』だったのだ。 彼は今回の行事のわずかな部分まで入念に取りまとめた。 事前リハーサルが続く間、招待されたゲストのリハーサル場面はもちろん、それらの動線までチェックする細心さを見せた。 控室にいる間にも、日本のGackt、台湾の映画俳優であり、歌手のヴァネスウーとジョンウォンチャンなどアジア各国から招待されたゲストに先に訪ねて行って感謝の挨拶を渡しのに忙しかった。 プレスのためのフォトコールが終わった後にはカジュアルな姿の他のゲストたちに比べて、いつものようにスーツを着た自分が過度にフォーマルなのではないかとの議論が交わされた。

201102_c_hi_146_09

今日のパーティのホストとして招待されたゲストの傾斜に合わせるのが礼儀ではではないか、観客が見ることに違和感を感じてやしないか、常に質問を投げて反問した。 舞台に上がる直前までも正解はないように見えた。 一言、ネクタイの向きまでチェックして、また点検した。 舞台裏では、感情の弛緩と収縮が絶えず繰り返され、彼は猛烈な勢いで自分を追い詰めたが以内に解いてくれたりした。 パーティーが始まって、良い日に先駆けソジュンこれらのノリノリ版が熟す頃、彼が舞台に上がった。 他のゲストのように歌を歌うのも、ダンスをするわけでもない静かな出演だったにも急に出たの歓声に鼓膜が破れか分からないと思うくらいだった。 ペヨンジュンが細く長い人差し指を唇に当てて一度、目を閉じた浮かんでは客席に向かってゆっくりと視線を向けた。 司会者も驚くほど場内は一瞬にしてまとめられた。 どの優れたパフォーマンスの実力を持つアーティストが、この程度の舞台掌握力を見せるのか。 その日のパーティーは、ペヨンジュンが<冬のソナタ>する時に着たケモルセクコートと直接選んだワイン三本、としていたネクタイまで突発的に寄付をして仕上げられた。

5日間の旅程中にヨン様やペヨンジュン、彼のすべてを見たとは言えないが、彼がどのような考えとどのような心で自分を動いているかを知ることができる。 彼の最も重要なのは、速度や方向ではなく、相手に近寄るの方法である。

|

« ka  i  kan | トップページ | お料理王子~(ちろさん作) »

王子」カテゴリの記事

コメント

マリクレールの紹介ありがとう
私も自動翻訳で読めるんだけど~
字が重なっちゃったりして、イマイチわからんですたいcrying
細かくて疲れるし~
誰かもっと読みやすくして下されsad

投稿: 板倉 | 2011/01/28 23:31

板倉さん、コメントありがとうございます~spa

分かりましたpaper
年寄りjapaneseteaの板倉さんでも読めるように
翻訳したものを貼りますpaperdash爆~~

所々、意味不明な箇所もありますが
なんとな~く分かりますですね~shine

一応、写真も同じ箇所に入れてみました~good

投稿: もち子 | 2011/01/29 08:51

おほほ。もちこさん「年寄り」は余計ですがpunchannoyサンクス

ああ~私もヨンのスタッフになりた~い
(とりあえず、今は彼女よりスタッフの方が彼に近いようだし)

で、笑っちゃったのが
>彼は結構まともなファッショニスタスターだ。
結構まとも・・・
結構まとも・・・
やっぱり今まで、まともだって思われてなかったんだ~coldsweats01

運ちゃん、やっぱり、あんたクビ!!

投稿: 板倉 | 2011/01/29 13:08

板倉さん~読みやすくなったでしょうか?
良かったです~~catface

で~私は、王子は、お洒落だと思いますよ~
韓国と日本とでは、元々感性が違いますから
??と思う事があっても、それは仕方ない事だとおもいますです

でも、プロのスタイリストは、もっと勉強しなくちゃいけませんね~annoyp----

でで!私はfastfoodネタに食いついてしまいました~爆~
王子~佐世保バーガーを一回食べに来んね~sign03
ヒカリってお店の前には県外ナンバーの車がいっぱい停まっとぉよsign03
高速道路も、ヒカリのまん前で降りれるし~~
福岡空港から、すぐたいね~sign01待っとぉよpaper

投稿: もち子 | 2011/01/29 16:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ka  i  kan | トップページ | お料理王子~(ちろさん作) »